Beam Settings

by Sato · 最終更新日: 2017年12月13日

Grasshopper Settingsカテゴリー詳細

このコンポーネントはDesignカテゴリーで定義した各設定構成要素を定義出来ます。

22 個の設定構成要素ノード(梁、柱、CWフレーム、CWパネル、CWスキーム、カーテンウォール、ドア、塗 りつぶし、メッ シュ、モルフ、オブジェクト、2D 曲線、プロパティ、屋根、押出シェル、回転シェル、 ルールシェル、スラブ、スプライン、壁、窓、ゾーンカテゴリ)を使用できます。

Beam Settings(BeamSetR:矩形梁)

2017-01-05-10-00-51

Building Material:Building Materialを接続出来ます。ビルディングマテリアルを定義出来ます。

Height:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。梁せいを定義出来ます。

(W.Hが異なる場合は梁のリンク前にARCHICADにてH.Wのリンクを事前に切っておく必要があります。)

Width:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。梁幅を定義出来ます。

Axis Offset:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。

Layer:Layerを接続出来ます。レイヤー配置を定義出来ます。

ID:Panelを接続出来ます。要素のIDを定義できます。

Structural Function:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。要素の構造機能を定義できます。0=構造耐力要素.1=非構造耐力要素.2=未定義

Position:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。要素の位置を定義できます。0=エクステリア.1=インテリア.2=未定義

Renovation Status:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。要素のリノベーションステータスを定義できます。0=既存.1=解体.2=新規

Property Settings:Property Settingsを接続出来ます。各プロパティーを定義出来ます。

Beam Settings(BeamSetP:断面形状梁)

表示方法:BeamSetRの名称部分を右クリック→Structure of ARCHICAD Beam→Complex Profile

2017-01-05-10-01-02

Profile:Profileを接続出来ます。断面形状を定義出来ます。

Height:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。梁せいを定義出来ます。

Width:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。梁幅を定義出来ます。

Axis Offset:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。

Profile Rotation:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。断面形状の回転角度を定義出来ます。

Layer:Layerを接続出来ます。レイヤー配置を定義出来ます。

ID:Panelを接続出来ます。要素のIDを定義できます。

Structural Function:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。要素の構造機能を定義できます。0=構造耐力要素.1=非構造耐力要素.2=未定義

Position:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。要素の位置を定義できます。0=エクステリア.1=インテリア.2=未定義

Renovation Status:Number Slider.Panel等の数値コンポーネントを接続出来ます。要素のリノベーションステータスを定義できます。0=既存.1=解体.2=新規

Property Settings:Property Settingsを接続出来ます。各プロパティーを定義出来ます。