BIMxモバイルアプリでの設計者クレジットの設定方法

by Tatsuro Kawai · 最終更新日: 2017年10月11日

ARCHICAD 21では、設計者クレジットをBIMx Hyper-modelに追加できるようになりました。

この機能により、設計者はBIMx Hyper-modelに会社ロゴやウェブサイトを表示することができ、3Dビューを開いたり、3Dにナビゲートしたりする際に表示することが可能です。

必要条件

  • BIMxまたはBIMx PROアプリ – バージョン 2017.2.951 (iOS)、2017.2.1002 (Android)
  • ARCHICAD 21
  • システム要件

設定

ARCHICAD

  • ARCHICADを開きます。
  • [ファイル]→[情報]→[プロジェクトプレビューおよび、BIMxの設計者クレジット]に移動し、設計者クレジットを設定します。
    • 設計者クレジットのURL には”http://” または “https://” を含めて入力してください。(例、 http://graphisoft.com) – 間違った形式のアドレスの場合、BIMxアプリで正しく起動しません。

{i} ヘルプ: アルファチャンネルの背景を持つPNG画像を使用して、ロゴの一部を透明にすることができます

  • ウィンドウの下部にあるBIMx発行セットのプロパティを開き、[BIMx Hyper-modelの設計者クレジットを使用]のチェックボックスをオンにします。
    • 設計者クレジットを前もって設定していない場合は、このオプションを選択するとBIMxの新しい[プロジェクトプレビューおよび、BIMxの設計者クレジット]が表示されます。ここから会社のURLとロゴを追加することもできます(下記参照)。

  • 通常通りBIMx Hyper-Modelを発行すると設計者クレジットがモデルに 埋め込まれます。

BIMx

  • モバイルデバイスでBIMx Hyper-modelを開きます。
  • 3Dモデルを開きます。
    • モデルのロード中に設計者クレジットが表示されます。

  • 3Dビューの右上隅にある会社のロゴを押すことでクレジットにアクセスすることもできます。 この場合、ウェブサイトへのアドレスも表示され、タップすると、デフォルトのブラウザで開きます。