階段ツールの基本 – フライトが同じ長さのU字型階段

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年4月3日

U字型階段の配置:

  • 階段ツールの有効化
  • 「階段のデフォルト設定」を開き、下記が設定されていることを確認します。(フロア高さ:3,000mm):

 

  • OKをクリックします。
  • 平面図上でクリックして階段の入力を開始します。
  • 階段の入力を開始し、最初のフライトが終了する時にクリックします(画面上のフィードバックが補助となります)。
  • ペットパレットから「踊り場」を選択します。カーソルを水平に移動します。
  • 踊り場の長さになったらクリックします。
  • ペットパレットから「フライト」アイコンをクリックしてターンします。
  • ダブルクリックで階段の入力を終了します。

フライトの長さを等しくする:

  • 調整するためには、ペットパレットに2つのボタンがあります:
    • 「段を調整」
    • 「ストレッチ」
段を調整 ストレッチ

 

  • どちらのオプションも階段を選択して基準線(青い線)のホットスポットをクリックするとひょうじされます。
  • ペットパレットから「段を調整」を選択し、フライトが同じ段数になるまで(フィードバックを参照して)ストレッチします。
  • 基準線の終端をクリックし(短いフライトの方)、それからペットパレットから「ストレッチ」コマンドを選択します。
  • 他のフライトと同じ長さになるまでフライトをストレッチします。(スナップガイドが手助けとなります)。

この例では、フライトの長さは同じですが、対象ではありません。

対称のU字型階段の作成方法

  • 階段のデフォルト設定を開き、次の設定を行います。(先ほどの例と同じルールを適用します):

  • ターンタイプ」として「踊り場」を選択し、設定ダイアログを開きます。
  • 下記に変更します:

  • 階段の入力を開始します。動画をご覧ください。

階段が既に配置されていても回転のオフセット値を変更できます。

  • 階段を選択します。
  • 基準線(青い線)のホットスポットをクリックします。

  • クリックしたコーナーからオフセットを追加切る「ターンタイプオプション」ダイアログが表示されます

  • OKをクリックします。
  • 平面図で階段の他の角を選択します。
  • ペットパレットから「ターンタイプオプション」を選択します
  • 同じ設定を行い、同じ値を入力します。
  • OKをクリックします。

ARCHICAD YouTube チャンネルにて手摺ツール 及び 階段ツールのチュートリアルもご確認ください。.