階段ツールの基本 – 金属製プレートと金属製スクロール階段を作成する方法

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年4月3日

この記事では、金属製プレートと金属製スクロール階段を作成する方法の一般的な例を示します。2つのタイプは互いに構造が非常に似ているので、作成する方法も同様です。 ここでは、仕上げが施されていない、断面形状階段梁を備えた片持ち構造を使用します。

  1. まず、階段のデフォルト設定を開き、ローカルの規制や環境設定に従って階段のルールを設定します。
  2. 次の手順は、[構造]サブメニューに移動し、両側に階段梁を備えた片持ち構造を選択することです。 フライトと踊り場の両方でこれを行います。
  3. 続いて、[仕上げ]サブメニューで仕上げをオフにすると、仕上げの必要がなくなります。
  4. フライトの階段梁設定に移動し、 以下のように設定します。
    • [断面形状フライト階段梁21]階段梁オブジェクトを選択します。
    • 階段梁に適したスチールプロファイルを選択します(通常はCプロファイル)。標準スチールプロファイルをインポートする方法については、ここをクリックします。
    • フライト-踊り場接続を[二等分線]に設定し、接続構造に従って、上部/下部の接続を垂直/水平に設定します。
    • [左右の階段梁を統一]がオンになっていることを確認します
  5. 踊り場の階段梁にも同じ設定を適用します
  6. 片持ち階段の設定に移動し、以下のように設定します。
    • [フライト金属製プレート21]または[フライト金属製スクロール21]オブジェクトのいずれかを選択します
    • 選択したオブジェクトの詳細を好みに合わせて設定します
  7. 片持ち踊り場にも同じ設定を適用します
  8. [設定]ダイアログで[OK]をクリックして、金属製プレート/スクロール階段を配置します

手摺りツール階段ツールに関するチュートリアルについては、ARCHICAD YouTubeチャンネルをご覧ください。