階段ツールの基本 – 螺旋階段

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年4月3日

新しい階段ツールを使用して螺旋階段を作成するには2つの方法があります:

  • マジックワンドを使用
  • 入力中にペットパレットから’中心点で定義される円弧’コマンドを使用します。

マジックワンドを使用

  • 平面図に円弧を配置します(参照線、線ツール、壁ツールが使用できます)。
  • 階段ツールの有効化
  • 情報ボックスの基準線に’右側’に設定されていることを確認します。
  • 円弧上にカーソルを置き、スペースをクリックします。
  • クリックして入力を終了します

  • 階段幅が均一でない場合は、ステップを編集することができます。階段を選択して基準線のホットスポットを選択したクリックした後、ペットパレットから’段を調整’を選択して編集します。
  • 階段の半径が大き過ぎる場合は、階段を選択して基準線のホットスポットをクリックした後、ペットパレットから’ストレッチ’コマンドを使用できます。

重要事項:

  • 基準線位置で’左’を選択すると、マジックワンドでは円弧の外側に階段を配置します:

 

‘中心点から定義される円弧’コマンドを使用

  • 階段ツールを選択して有効にします
  • 入力を始めたら、ペットパレットから’中心点で定義される円弧’をコマンドwを選択します。

 

 

  • 螺旋階段の中心を設定します。
  • ダブルクリックして階段の入力を終了します。

重要事項:

  • 半径は常に基準線(青い線分)より計算されるため、階段の基準線の位置は慎重に指定ください。 基準線の設定によって異なる階段が表示されます(半径は全て同一です):

 

  • 最初のクリックで階段の開始点を設定します。/li>

 

 

手摺ツールのTips:

螺旋階段に手摺を追加したい場合に、手摺に水平部分を無くしたい場合は、階段のデフォルト設定で’蹴上で開始’と’蹴上で終了’の設定を使用します。

踏面で終了 蹴上で終了

ARCHICAD YouTube チャンネルにて手摺ツール 及び 階段ツールのチュートリアルもご確認ください。.