階段ツールの基本 – 自動踊り場

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年4月3日
新しい階段ツールには、階段の作成中に自動的に踊り場を追加する機能があります。踊場長さは、[ルールと基準]の[階段設定]で定義できます。
自動踊り場は、階段の作成中にワンクリックで配置できます。

  • まず階段を作成します。
  • 希望の踏面番号の後ろを1回クリックして、自動踊り場を配置します。
  • カーソルを階段の終端に向かって移動します。
  • ダブルクリックで階段の作成を完了します。

踊り場には、モデル単位の値または踏面の数で定義できる設定から、正確な長さの値が指定されます。

新しいノードがベースライン側に追加された場合、既存の階段に自動踊り場を配置することができます。

  • 階段を選択します。
  • 青色でマークされたベースラインをクリックします。
  • ペットパレットから[新規頂点を挿入]を選択します。
  • 同じ場所をクリックします。

3D表示でも同じ手順が適用されます。

手摺りツール階段ツールに関するチュートリアルについては、ARCHICAD YouTubeチャンネルをご覧ください。