階段ツールの基本 – ブルノーズ型階段

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年4月3日

この記事では、ブルノーズ形階段をモデリングする方法の概要を説明します。 伝統的な手摺りを配置する方法についてはこちらをご覧ください。.

  • 階段ツールを有効にして、選択した階段をを作成します。(ブルノーズ型はほとんどが木製です)。
  • 平面図ビューに移動し、階段を選択して’編集’をクリックします(編集ボタンは選択した階段の隣にある青色のボックスに表示されます)。階段はARCHICADでは組み合わせ要素のため、サブ要素があります。サブ要素は1つずつ選択することができ、’編集モード’が有効な時に編集できます。
  • 2段目の踏板を選択して、曲線にします。
  • 選択した踏板の辺をクリックして、ペットパレットから’接線を使用して分節で編集’オプションを選択して、水平線を入力します。
  • 終了をクリックして入力を終了します。

  • 最初の踏板を選択して、その長手方向にノードを追加します。

  • そしてその角と新しい2段目の踏板の端のノードまで押し出します。

  • 2段目の踏板を曲げたのと同様に踏板の短い辺を曲げます。

  • 1段目の辺を正しい位置に調整します。

  • 踏板が準備できたら、次に蹴上を編集します。
  • 1段目の蹴上(破線)を選択してストレッチします。

  • 蹴上にノードを追加し正しい位置に移動します。

  • 蹴上の終端をドラッグして垂直にします。

  • ペットパレットから’接線を使用して分節を編集’オプションを使用して蹴上を湾曲します。

  • 2段目の蹴上も同様に編集します。

  • ‘編集モード’から抜けるためには、ESCを押すか、左上の青いパネルの’編集モードを終了’をクリックします。
  • ブルノーズ型の階段を作成する他の方法としてはモルフツールを使用してカスタム踏面を作成し、オブジェクトとして保存する方法です。(ファイル>ライブラリとオブジェクト>選択内容を保存>踏面)
  • 注意: 階段の番号もただし位置に配置するために編集する必要があります。詳細はグラフィカルに階段シンボル要素を編集の記事をご覧ください。

ARCHICAD YouTube チャンネルにて手摺ツール 及び 階段ツールのチュートリアルもご確認ください。.