階段と手摺りおよびそれらのサブ要素のお気に入りの作成

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年4月3日

お気に入りの作成は、階段および手摺りツールでは変更されていません。これは階層的な要素なので、カーテンウォールとそのサブ要素のお気に入りを作成する方法と非常によく似ています。

階段のお気に入り

階段:構造と仕上げ

階段のサブ要素のいずれかまたは階段全体の設定を行ったら、お気に入りを作成してお気に入りリストに保存することができます。
例えば、フライトでお気に入りを作成する手順を見てみましょう。フライトの優先される構造タイプを選択します。ニーズに合うまで構造設定をカスタマイズします。最も重要なことは、[設定]ダイアログ内の階段ツリー構造のどのサブ要素メンバーが選択されているかに注意を払うことです。なぜなら、これによって、保存しようとしているお気に入りのタイプが決まるからです。フライトのお気に入りを保存するには、次の手順を実行します。

  1. 階段ツリー構造の「板形 – フライト」サブ要素をクリックします。
  2. [フライト構造お気に入り]アイコンをクリックします。
  3. 表示されるお気に入りメニューから、左下にある[新規お気に入り]アイコンを選択します。
  4. [新規お気に入り]ダイアログで、お気に入りに対する希望の名前を入力します。
  5. [OK]をクリックすると、フライトに対して新たに作成されたお気に入りが、お気に入りのリストに表示されます。

階段の踊り場サブ要素に対するお気に入りの作成にも、同じ手順が適用されます。
カスタマイズした踏面を保存し、後で他の階段で使用することもできます。実行方法を以下でご確認ください。

蹴上のお気に入りを保存する場合と同じ方法を使用します。
リスト内の更新したいものを選択し、変更を加えて[お気に入りを再定義]アイコンをクリックすることにより、いつでも既存のお気に入りを更新することができます。

お気に入りとしての階段

多くの場合、[階段の設定]ダイアログで多大な時間を費やします。このダイアログでは、具体的な階段設計を実現するために、さまざまな規則の適用、ターンタイプの選択、およびサブ要素のカスタマイズを行います。これらの全ての設定を階段全体のお気に入りとして保存し、エクスポートすることによって他のプロジェクトで使用することもできます。階段全体のお気に入り設定を保存するには、[階段の設定]ダイアログのツリー設定階層で[階段]が選択されていることを確認します。

手摺りのお気に入り

手摺りについては、最良の結果を得るために豊富なサブ要素が用意されていますが、お気に入りのカスタマイズや保存の手順は階段ツールと同じです。主な違いはここでは、レールセグメントとノードのサブカテゴリのお気に入りも保存できることです。
手摺りツールを使用すると、多種多様な部品によってほぼ全ての種類の手摺り構造を作成することができます。全てのサブ要素タイプのお気に入りを保存したり、異なる組み合わせを作成したり、カスタマイズしたセグメントとノードとして保存したりして、最後に、手摺り要素全体のお気に入り設定を保存することができます。
手摺りツール内には、実際には、手摺りのサブ要素階層に基づいて4つのお気に入りタイプがあります。

  • サブ要素のお気に入り:トップレール、ハンドレール、レール、子柱、手摺子、パネル 
  • セグメントお気に入り 
  • ノードお気に入り 
  • レールお気に入り 

お気に入りを作成する手順は同じです。ここでも、お気に入りを保存する前に、[手摺り設定]ダイアログツリー構造のどの部分を選択するかが重要になります。レールセグメントのお気に入りの例では、その作成の手順に従います。

注記:サブ要素のお気に入りを変更しても、保存されたセグメント、ノード、またはレールお気に入りには影響しません。つまり、階段および手摺りツールのサブ要素の階層構造は、お気に入りには適用されません。お気に入り同士は互いに独立しています。

手摺りツール階段ツールに関するチュートリアルについては、ARCHICAD YouTubeチャンネルをご覧ください。