手摺りツールの基本 – パターン配列設定

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年4月3日

はじめに

手摺りツール設定でパターンを定義できます。トップレール、ハンドレール、手摺り、子柱、手摺子及びパネルをパターンとして追加でき、手摺りのセグメントとして繰り返すことができます。この記事では、パターンの作成ロジックについて説明します。

使用条件

  • パターン間の設定はセグメント以下のセグメント設定で行います。
  • これらのコントロールを使用して、手摺りのセグメント内でパターンを配布する方法を定義します。
  • A セグメントは、 2つの ノードの間の手摺りの部品です。
  • 子柱はノードの間にあります。
編集モード内のセグメント、小柱及びノード 手摺り
  • A セグメントには、手摺りパターンとセグメントの高さを含む個別の設定があります。
  • パターン配列関連の瀬鄭はセグメント内のパターンに影響します。パターンはノードで停止し、次のセグメントでまた開始します。(複数のセグメントにわたってパターンを続けるには、パターン設定(ノード設定時)を使用する必要があります。
  • 手摺子はターン内のパターンんです。パターンには2つ以上の手摺子を追加できます。1つの手摺子を選択するとそのセットに属する全ての手摺子が選択されます。手摺子には同様に個別の「手摺子パターン設定」があります。(「手摺子パターン梁列と位置」の設定も同様です。)

連続した手摺りの配置方法はこちらを語かう人ください。

セグメントパターンの設定

セグメントを境界ごとに分割

1つのパターンに配置するパターン数を定義することができます。この例では、1つのセグメントに2つの手摺子パターンで構成されています。

 

均等配分パターン

パターンの最大長さを設定できます。設定内容に基づいてセグメントに沿ってパターンを均等分配されるよう計算されます。パターンはセグメントの端部では切り取られず、ストレッチされます。

 

固定パターン長さ – パターンで開始

内側の柱の距離によって定義されるパターン長さが適用されます。セグメントは固定された長さのパターンで開始され、隣のパターンはセグメントの長さによって短くなります。セグメントの終端でパターンはカットされます、もしくは新しいパネルを作成したり、手摺子を作成したりするのに長さが十分ではない場合は、パターンは少しストレッチされます。

 

固定パターン長さ – 中心から開始

パターンの配列はセグメント中心から開始されます。セグメントの終端でパターンはカットされます、もしくは新しいパネルを作成したり、手摺子を作成したりするのに長さが十分ではない場合は、パターンは少しストレッチされます。

固定パターン長さ – 中央に整列

パターンはセグメントの中央に配置され、配列はその中央のパターンから両方に開始されます。セグメントの終端でパターンはカットされます、もしくは新しいパネルを作成したり、手摺子を作成したりするのに長さが十分ではない場合は、パターンは少しストレッチされます。

固定パターン長さ – パターンで終了

内側の柱の距離によって定義されるパターン長さが適用されます。セグメントは固定されたパターン長さで終了します。セグメントの終端でパターンはカットされます、もしくは新しいパネルを作成したり、手摺子を作成したりするのに長さが十分ではない場合は、パターンは少しストレッチされます。

パターン長さを踏面数に設定

パターンはダイアログで定義された踏面数に基づいて配列されます。こちらは階段に関連付けられている場合のみ作用します。位置に関する設定(’パターンで開始’、’中心に合わせる’等)が影響を受けます。