手摺りツールの基本 – パターンをセグメント長さに変換

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年4月3日
このオプションは、手摺りセグメントに異なるパターンを作成する場合に便利です。デフォルトでは、1つのセグメント内に1種類のパターンが繰り返されます。(セグメントは2つのノードの間の手摺りの部品です)。 ‘パターンをセグメント長さに変換’すると、セグメント間のパターンを1つ1つ編集し、手摺子はスラブのパネルと交互に表示され、結果として右図のようにできます。

どのように使用しますか?

  • 手摺りツールを有効にして、手摺りのパターンやその他の値を設定します。
  • 手摺りを配置します。
  • 手摺りを選択し、右クリックします。
  • コンテキストメニューから’パターンをセグメント長さに変換’を選択します。

  • ‘編集’ボタンをクリックして編集モードに移行します。選択した手摺りの隣に青い輪郭のボタンが表示されます。
  • 左上角編集モードのパレットが表示されます’セグメントとノード’で右クリックします。 (この項目を右クリックすると、他の要素は全て非表示になり、’セグメントとノード’が表示になります)
  • 編集するセグメント、パターンを選択し、’手摺り – 選択したセグメントの設定’を開きます。

  • セグメントエディタをチェックすると、1つのパターンのみが有効(白色でハイライト)になっているだけではなく、コのセグメント内の全てのパターンが有効なことが確認できます。
  • このセグメントのパターンそれぞれに小柱や、手摺子、パネルの設定変更や追加/削除ができます。(注意: ハンドレール等の全ての水平サブ要素は、全てのパターンを通して1つの要素として扱います。)
  • 手摺りセグメントの編集が終わりましたら、OKを押した後、ESCを押して編集モードを愁傷します。
  • セグメントをパターン長さに変換した後では、パターンの編集は編集モードでのみ行えます。

ARCHICAD YouTube チャンネルにて手摺りツール 及び 階段ツールのチュートリアルもご確認ください。.