手摺りツールの基本 – ガラスパネル手摺り

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2018年4月3日

はじめに

この記事では、支柱を使用してガラスパネル手摺りを作成する方法を紹介します。

蹴上オフセットが0に設定されたL字型の階段を使用しています。このケースでは、2つのフライトの交差部で支柱が1つだけ追加されます。

それでは、始めましょう

  • 手摺りツールを有効化します。
  • パネルの左側にある[セグメント]に移動します。
  • 「パターンエディタプレビュー」から全てのものを削除します。このようにして、独自のパターンを作成し直すことができます。
  • プレビューで項目を選択し、右上隅の「マイナス」ボタンを使用して1つずつ削除することで、デフォルトのパターンを削除します。

パターン

  • 最初にパターンを定義し、続いて他の構成要素を追加し、手摺り要素をカスタマイズします。 最後の手順は、手摺りの終端と接続の編集になります。
  • 左側の[子柱]オプションを選択し、「プラス」アイコンをクリックしてパターンに1つ追加します。子柱を配置することにより、パターンの長さを定義します。グラフィック上で子柱を追加した後、 [前からの距離]の値を入力します。1000mmに変更しましょう。

  • 左側の[パネル]オプションを選択し、子柱を追加したのと同じ方法でパターンに1つ追加します。
  • ハンドレールの代わりに、トップレールのみを使用します。
  • 左側の[トップレール]オプションに移動し、右側の「プラス」アイコンをクリックして、パターンにトップレールを追加します。

カスタム設定

  • 手摺りのデフォルト設定でトップレールの次の設定を変更します。

 

  • 手摺りのデフォルト設定でパネルの次の設定を変更します。

  • 左側の[子柱]オプションに移動し、次の値を設定します。

  • 左側の[支柱]オプションに移動し、同じ値を入力します。

終端

  • レールのタイプ(トップレール、ハンドレール、標準のレール)ごとに、特定の終端を設定することができます。 レールの図形と長さ( 「延長の長さ」)を定義することができます。 終端を表示しない場合は、延長の長さを0に設定するか、非表示の終端構成要素を使用します。

  • このケースでは、次の設定を使用します。

接続

  • 各レールタイプ(トップレール、ハンドレール、標準のレール)に対して、レールの方向が変わる場所で異なるセグメントをどのように接続するかを定義することができます。
  • さまざまなタイプの図形作成法を選択できます。
  • U字型とL字型の階段の場合は、正しい接続タイプを見つけることが非常に重要です。
  • この例では、L字型の階段を使用しました。 レールの2つのセグメントの接続部には、1つの支柱のみが配置されています。この図形作成法のために、[切断]オプションが選択されました。