Rhinoceros – GDLコンバータ – FAQ

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2017年11月9日

Rhinoceros – GDL Converterとは何ですか?

Rhinoceros – GDLコンバータを使用すると、Windowsプラットフォーム上のユーザーはRhinoで作成したモデルをエクスポートし、ARCHICAD(MacとWindowsプラットフォームの両方)にインポートできます。Rhino-ARCHICADリンクは、Rhinoのモデル要素をARCHICAD GDLオブジェクトに変換します。
RhinocerosからARCHICADにエクスポートするRhinocerosの無料プラグインをダウンロードするには、Graphisoft.comのRhinoceros相互運用性のサイトを参照してください。

RhinocerosRのプラグインとARCHICADのLCF Observer Add-onは、RhinocerosとARCHICADの相互運用性を向上させる最初のステップです。


RhinoのGSMオブジェクトをいつ保存する必要がありますか?

小さいサイズの個々のオブジェクト(例:家具など)をエクスポートする場合は、RhinoからGSMエクスポートを使用します。要素のポリゴン数を少なく抑えるように努めてください(単一のオブジェクトでは最大10.000ポリゴン)。このGSMファイルをARCHICADにインポートするには、ARCHICADにLCFオブザーバーアドオンをインストールする必要はありません。

これらのGSMライブラリパーツを埋め込みライブラリに配置することをお勧めします。小さいオブジェクトであれば、通常、埋め込まれたライブラリに含まれていても、プロジェクトのサイズを増やさないためです。

table

 

RhinocerosのファイルからいつLCFを保存する必要がありますか?

より詳細なオブジェクトの大きなグループに対しては、LCFエクスポートを使用します。1つのLCFファイル(ライブラリコンテナファイル)には、多くのGSMオブジェクトファイルが含まれています。LCFオブザーバーARCHICADアドオンを使用して、LCFファイルからオブジェクトを配置したり、それらの既存のインスタンスを更新したりすることができます。

この方法では、オブジェクトがARCHICADプロジェクトのサイズを大幅に増やさないため、LCFファイルをリンクライブラリとして使用することをお勧めします。

roof shell

RhinocerosからインポートされたオブジェクトをLCF Observerで更新できないのはなぜですか?

ARCHICADライブラリを更新した後でRhino LCF Observerがインポートしたモデルを更新しない場合、LCF Observer内の要素を更新してアップデートします。

この問題はARCHICADによって使用さrてファイルがロックされていて、Rhinocerosは.gsmファイルや.lcfファイルを上書きすることができないためです。

Rhino-save-error

 

これらのファイルを上書きするための回避策は、ARCHICADプロジェクトを閉じるか、アドオンから編集したいライブラリをアンロードすることです。

「Rhino for Mac」のプラグインはありますか?

「Rhino for Mac」は現在進行中の開発プロジェクトのため、Robert McNeel& Associates、GRAPHISOFTではまだプラグインを開発できません。

ARCHICADモデルをRhinoにエクスポートできますか?

It is possible to import and export .3dm files with the ARCHICAD 18 and 19ではRhinocerosインポート/エクスポートアドオンファイルを使用して.3dmファイルをインポートおよびエクスポートすることは可能です。この機能はARCHICAD 20より標準搭載されています。.

ARCHICAD内で Rhinocerosのオブジェクトの解像度/ポリゴン数を調整できますか?

オブジェクトの解像度(ポリゴン数)は、Rhinoでのみ調整/変更できます。

ARCHICADでRhinoモデルを編集できますか?

オブジェクトのジオメトリを変更するには、インポートしたG​​SM / LFCオブジェクトをARCHICADで編集できるモルフに変換します。

Rhinoからテクスチャをインポートできますか?

Rhinoからのテクスチャのインポートは現時点ではサポートされていません。ARCHICADのインポートされたオブジェクトにテクスチャ/サーフェスを適用する必要があります。これを行うには、オブジェクトの設定ダイアログを開き、 ‘カスタム設定’または ‘モデル’タブの下で使用されているサーフェスを上書きします

Surface Override Rhino

RhinoオブジェクトでARCHICADのパフォーマンスを向上させるにはどうすればよいですか?

  • 一部のオブジェクトの更新/再生成は、フロアプランビューで遅くなることがあります。これは、Rhinoからインポートされたオブジェクトの2Dビューが実際に投影されたビューであるためです(GDLパラメータは2Dスクリプトでproject2コマンドを使用します)。遅さを減らすにはGDLエディタを開き、GDLオブジェクトの2Dスクリプトを削除し’fragment2 all,1’と入力し上面からのビューを2D symbolに作成します。

Fragment2 command rhino

  • オブジェクトを見直してください。ARCHICADのLCFオブザーバーを通していくつかのオブジェクトをLCFとしてインポートすると便利かもしれません。

ARCHICADでRhino要素をフィルタリングできますか?

はい、ARCHICADの検索と選択ツールを使用してRhinoでインポートしたライブラリ部品を検索することができます。 Rhinoからインポートされたこれらの要素には、オブジェクトの[タグとカテゴリ – IFCプロパティ]タブ – 「Rhino Layer」プロパティにエントリが追加されました。これらのプロパティは、ARCHICADの検索と選択ツールで使用できます。

Rhino layer T&G

検索と選択ツールでは、条件にIFCプロパティを追加する必要があります(ダイアログでRhinoレイヤを選択してください)。この基準を追加すると、Rhinoレイヤー名でオブジェクトを検索し、これらのオブジェクトを一緒に変更できます(たとえば、1回のクリックで複数の要素のテクスチャ上書きを編集できます)。

Find&Select Rhino