Grasshopper – ARCHICAD Live connection

by Michitaka Kiriki · 最終更新日: 2017年11月9日

The Grasshopper – ARCHICAD Live Connection アドオンでは、Grasshopperのビジュアルスクリプティングインターフェースを通してフルBIMモデルを作成および制御してARCHICADのジオメトリを作成できます。事前に作成していたアルゴリズム編集機能を残しておくことも可能です。

BIM Tower

この記事では、Grasshopper-ARCHICAD Live Connection アドオンの仕様に有益ないくつかのTipsを紹介しましす。


パフォーマンスの最適化 Tips

Grasshopper – ARCHICAD Live Connectionアドオンの最大の利点は何でしょうか?以前は不可能だった要素を作成するだけではなく、非常に短期間で多くの編集可能なBIMの要素を作成できます。GrasshopperがARCHICAD(Rhinocerosも同様)で詳細なジオメトリをもったBIM要素のプレビューを作成できないのは、2つのプログラム間で非常に多くの要素(数千個に及ぶ場合も)をARCHICAD(Rhinocerosと同様)で要素を同期しようとすると、パフォーマンス上の問題(フリーズ)が発生することがあります。

GrasshopperからARCHICADに多くの要素を持ってくる際に役に立つヒントがあります。

同期をとるためのBoolean Toggle

Grasshopper内のARCHICADのノードはジオメトリを作成するのに十分な情報がある場合、自動的に要素の同期を開始します。ARCHICADのコンポーネントの同期を制御する良い方法はGrasshopperのBoolean Toggleです。
同期に関する主な推奨事項は3つあります。

  • ARCHICADでGrasshopper – ARCHICAD Live Connectionを開始する際、GrasshopperではARCHICADのノードがアクティブではないことを確認してください。(2つのソフトウェアの接続が確立すると、全てのコンポーネントをどう起訴しようとします)
  • ノードに入力する情報が全て設定されているときのみに、ARCHICAD要素の同期をOnにします。
  • ARCHICAD要素が変更される場合には、同期をOffにします。(例. grasshopper内のnumber sliderを調整する場合)

Boolean toogle

壁/梁のカーブのリファイン

RhinocerosやGrasshopperのカーブを基に壁/梁を作成するとARCHICADではとても多くの壁/梁が発生する可能性があります。ARCHICADでこれらの要素の数を制御するにはこれらの曲線をARCHICADでよく扱われる円弧に変換することを推奨します。

grasshopper-wall-beam-smoothness

メッシュの最適化

Grasshopperの複雑なジオメトリをARCHICADにモルフとして持ってくる場合、ポリゴン数が多すぎるか、BREPSが細かすぎるため、パフォーマンス上の問題やクラッシュが発生する可能性があります。Grasshopperでメッシュポリゴンの数を制御してからARCHICADに転送することを推奨します。下のスクリーンショットは、異なるMesh BPREP設定とその結果のポリゴン数の例を示しています。

Grasshopper Mesh smoothness

ジオメトリにその他のヒント

単位

場合によっては、Grasshopper Live connectionを使用するとARCHICADの生成されたジオメトリが下記のように不正確になることがあります:

degenerated geometry due to units

これは、Rhinocerosのカーブがミリメートル単位で作成され、ARCHICADの壁のデフォルト設定が30cmであることが原因です。 問題はカーブで定義されたカーブのデフォルトの壁が小さすぎるため、反転した形状が生成されています。

参照モデルとGrasshopperのnumber sliderとの絶対的なサイズに注視してください。(例えば、GrasshopperでRhinocerosのカーブをミリメートル単位で設定し、同様にARCHICADのスプライン/2Dカーブにも使用すると、実際には大きなモデルとなります。)

反転な形状とならないように柱を作成する

GrasshopperからARCHICADの柱を生成するのは柱の基点のリストとそれを移動した柱の終点とすることで簡単に作成できます:

Columns from GH1

この問題は柱のセットの最上部に反転した0の高さで取得されている点です。極端な場合には、かなり目立つことがありますが、通常は反転したジオメトリや間違った一覧表の値が作成されていて、それほど目立ちません。

degenerated columns

正しい解決方法は、柱の基点のポイント最後のセットを削除することです。例えばsplit listコンポーネントを使用します:

GH - Shift list for columns

要素の配置フロア

  • Grasshopper connectionで作成されたそれぞれの要素の配置フロアはARCHICADのフロア設定に基づいた参照線/基点の位置によって定義されます。モルフの場合、ジオメトリの最も引く点が配置フロアを定義します。
  • Story Planeのノードを入力すると、ARCHICADプロジェクトのフロア平面を抽出できます。Grasshopperでこれらの平面では、ARCHICADの指定したフロアにジオメトリを配置するのは簡単です。
  • storyinputnode