BIMcloudユーザーライセンス

注記:ユーザーライセンスが必要ないBIMcloud Basicには関係ありません。

BIMcloudユーザーライセンスは、BIMcloudでプロジェクトに参加するユーザーごとに必要です。

BIMcloud Manager構成要素は、全てのライセンス管理タスクを中央で処理します (当然、ARCHICADはARCHICADプロテクトキーへのアクセスが必要です)。

ライセンスを自動的に確保

ARCHICADでチームワークプロジェクトを開くと、使用可能な十分なライセンスがある場合、自動的に確保されたBIMcloudユーザーライセンスを取得します。

確保されたこのユーザーライセンスを使用して、 ARCHICADおよび/またはBIMxから同じBIMcloud上の全てのプロジェクトに参加することができます (ユーザーが両方のアプリケーションからプロジェクトに参加する場合、BIMcloudユーザーライセンスは1つで十分です。ライセンスを追加する必要はありません)。

ユーザーが複数のBIMcloudで複数のプロジェクトに関わっている場合は、各BIMcloudがそのユーザーに追加ライセンスを自動的に確保します。

BIMcloudユーザーライセンスは、ユーザーがARCHICADを閉じるか、何らかの理由でオフラインになるまで自動的に確保された状態になります。

再びARCHICADに参加したときに、使用可能なBIMcloudユーザーライセンスがなくなっている場合は、オフラインでのみ作業することができます。

ライセンスの手動割り当て

BIMcloudユーザーライセンスを特定のユーザーに手動で割り当てることができます。手動で割り当てたBIMcloudユーザーライセンスは、ユーザーが全てのプロジェクトを閉じても、何らかの理由でオフラインになっても、永続的にユーザーに割り当てられたままになります。

管理者は、ユーザーに手動で割り当てたライセンスをBIMcloud Manager([ユーザー]ページの[ライセンス]パネルまたは[サーバー]ページの[BIMcloud Manager]-[設定]パネル)で無効にすることができます。可能な場合はこのユーザーに自動ライセンスが確保されます。

BIMcloud Manager – [ライセンス]パネル

ユーザー設定

使用可能なライセンスの情報

現在使用可能なライセンスと使用中のライセンスの詳細を表示するには、BIMcloud Managerを開き、[サーバー]→[BIMcloud Manager]→[ライセンス]パネルを選択します (BIMcloud Managerは、ライセンスを確保しなくても使用することができます)。