BIMcloudユーザーライセンス

注記:ユーザーライセンスが不要なBIMcloud Basicでは使用できません。

BIMcloudユーザーライセンスは、BIMcloudでプロジェクトに参加するユーザーごとに必要です。ユーザーがARCHICADでチームワークプロジェクトを開くと、ライセンスは自動的にそのユーザーに確保されます。

1つのユーザーライセンスを確保すると、 ARCHICADおよび/またはBIMxから同じBIMcloud上の全てのプロジェクトに参加することができます (ユーザーが両方のアプリケーションからプロジェクトに参加する場合、BIMcloudユーザーライセンスは1つで十分です。ライセンスを追加する必要はありません)。

ユーザーが複数のBIMcloudで複数のプロジェクトに関わっている場合は、各BIMcloudがそのユーザー用に追加を確保します。

BIMcloudユーザーライセンスは、ユーザーがARCHICADを閉じるまで確保されています。

ユーザーが再度参加したときに、ライセンスが不足している場合は(使用可能なBIMcloudユーザーライセンスが全て使用されているなど)、強制オフラインになります。

特定のユーザーにBIMcloudユーザーライセンスを恒久的に割り当てることができます(「BIMcloud Manager -[ライセンス]パネル」を参照)。恒久的に割り当てられたBIMcloudユーザーライセンスは、ユーザーがBIMcloud上の全てのプロジェクトから退出した後でも、自動的に無効になることはありません。

BIMcloud Manager構成要素は、全てのライセンス管理タスクを中央で処理します (当然、ARCHICADはARCHICADプロテクトキーへのアクセスが必要です)。

現在使用可能なライセンスと使用中のライセンスの詳細を表示するには、BIMcloud Managerを開き、[サーバー]→[BIMcloud Manager]→[ライセンス]パネルを選択します (BIMcloud Managerは、ライセンスを確保しなくても使用することができます)。