計算コマンド

計算機能は、上級ユーザー向けのツールです。このセクションで参照されるコマンドには、ARCHICAD のデフォルトの作業環境プロファイルでは表示されないコマンドがあります。これらのコマンドを作業環境に追加するには、[オプション]→[作業環境]→[メニュー]を使用して既存のメニュー([ドキュメント]→[一覧表とリスト]など)に追加します。

一覧表の設定

データベースの編集

特性を新規作成

特性を編集

最後に選択した特性

特性を条件にリンク

リストコマンド

[要素リスト]、[構成要素リスト]、[ゾーンリスト]のコマンドは、[リスト設定]ダイアログボックスで定義されている設定に基づいて、プロジェクト全体または選択した特定の要素に関する、さまざまな形式と内容のリストを生成します。

希望のリストを作成するには、サブメニューの定義済みリストの設定のいずれかを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ListingCommands.png 

リストタイプの詳細については、リストタイプを参照してください。

選択とリストコマンド

プロジェクトにおいて要素が選択されているときにリストコマンドを選択すると、リストコマンドの条件と選択内容との間に競合が発生する場合があります (例えば、現在の選択内容にも窓とドアが含まれているときに窓の建具表を選択した場合)。

[オプション]→[作業環境]→[モデル再構築オプション]をクリックすると表示される[選択要素の計算]ポップアップメニューに、この状況を管理するための3つのオプションが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/SelectedElementsWE.png 

[全て一覧表示]オプションを選択すると、選択された要素の全てがリストで計算されます。フィルタ条件に合致していない要素も計算に含まれます。

[フィルタの使用]オプションを選択すると、リストテンプレートに対して定義されているフィルタが選択された要素に適用されます。これらの条件に合致していない要素は無視されます。

[警告の表示]オプションを選択すると、競合した場合に警告が表示されます。上記の2つのオプションのいずれかを選択できます。

リスト設定とレポートの出力

データのソートと分析、必要な結果の計算、およびレポートの形式設定は、全て選択したリスト設定の構成に従って行われます。リスト設定は、ARCHICADで必要な結果を表示する方法についての定義済みの命令セットです。リスト設定の形式は、次の2つのタイプにすることができます。

標準テキストレポートは、計算結果を編集可能なタブ区切りテキスト形式で表示します。レポートはテキストウィンドウに表示され、スプレッドシート、テキストファイル、HTMLファイルのいずれかとして保存できます。

グラフィック出力では、英数字情報と要素シンボルの図面、ロゴ、およびその他のビットマップを含む画像情報の両方が可能です。グラフィック出力レポートは、RTFリストファイルまたはARCHICADプロジェクトファイルとして保存することができます。これらのリストの全体または一部を任意の図面にコピーすることもできます。

言語バージョンごとに内容は違いますが、いくつかの出荷時デフォルトリスト設定は、ARCHICADが現在のライブラリなしで実行しているときでも利用することができます。

定義済みのテンプレートに基づいたグラフィック設定は、[フォーマットアシスタント]または[フォーマットウィザード]を使用して設定できます。

[リストを設定]ダイアログボックス」および「[フォーマットウィザード]/[フォーマットアシスタント]の使い方」を参照してください。