構成要素および記述項目のデータベースへのリンク

特性オブジェクトで定義されている構成要素または記述項目がデータベース項目で識別されるようにするには、これを特性オブジェクトのマスタウィンドウのリストから選択し、ダイアログボックスの一番上の[データベース項目へのリンク]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/LinkDatabase.png 

[構成要素を選択]または[記述項目を選択]ダイアログボックスが表示されます。選択したデータベース内の全ての関連項目から選択を行うことができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/SelectComponents.png 

特性オブジェクトの構成要素または記述項目がデータベースに関連付けされている限りは、この項目はデータベースを更新するたびに更新されます。

選択した構成要素または記述項目が既にあるデータベース項目にリンクされている場合は、リンク設定ボタンの名称が[データベースへの関連付けの削除]に変わり、[関連付けの変更]も有効になります。このようになったら、データベース項目へのリンクを解除するか、別の項目へのリンクに置き換えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/RemoveLink.png 

オブジェクト固有の項目は標準テキストで、データベース項目は斜体で、見つからないデータベース項目の名前はグレーで表示されます。