[リスト形式]タブページ

3番目のタブをクリックすると、[リスト形式]ページが表示されます。このページのコントロールでは、レポートの全体的な外観を定義し、特性およびパラメータの論理順を設定することができます。

いずれかの形式を選択します。生データを表示するには[テキストリスト]を、定義済みのリスト形式テンプレートを選択するには[グラフィックテンプレート]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ListFormat1.png 

この2つのオプションボタンでは、次に説明する2つのコントロールウィンドウを切り替えることができます。

標準レポート

[リスト形式]タブページの[テキストリスト]ボタンをクリックすると、次のページが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ListFormat.png 

このレポート形式を選択すると、このページに表示されるレポートのレイアウトに関連するコントロールは限られます。ただし、レポートは編集可能なテキストウィンドウに表示され、このリストの設定でレポート内のデータを論理的に編成することができます。

ソート順

デフォルトの順番を変更するには、パラメータをリスト内の新しい位置にドラッグします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/SortOrder.png 

列ヘッダー

レポートで列ヘッダーが印刷されるようにするには、[列ヘッダーの表示]チェックボックスをオンにします。列ヘッダーには、パラメータ名とカスタムヘッダーのどちらかを表示できます。カスタムヘッダーを作成するには、カスタマイズするパラメータ名の隣のチェックボックスをオンにして、テキストフィールドに希望するヘッダーを入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/CustomHeader.png 

リストの環境設定

このタブページ上部の3つのリストボックスを使用して、リスト方法を定義します。

[要素]ボックスの一覧の[行ごとの項目]をクリックすると項目別のリストが作成されます。同じ要素の場合でも項目別となります。[グループと数が同一]をクリックすると、パラメータだけでなく、同じ項目もグループ化されて合計されます。この2つの違いについては、次のレポートを参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ElementComplexity.png 

[構成要素]ボックスの一覧では、[構成要素を展開する]をクリックすると、構成要素のパラメータがリストされます。[数量のみ]をクリックすると、単位は表示されず数量のみが表示されます。

[記述項目]では、[記述項目を展開する]をクリックすると記述項目の全てのパラメータ、キー、およびコードがリストされます。[ショートテキストのみ]をクリックすると、レポートには記述項目の最初の行のみが表示されます。

注記: テキストリストは、標準テキスト、タブ区切りテキスト、またはHTML形式で保存することができます。テキストリストには、記述項目のショートテキストだけがリストされます。