グラフィックテンプレート

[リスト形式]タブページ上部の[グラフィックテンプレート]ラジオボタンをクリックすると、このページが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/GraphicTemplate.png 

[グラフィックテンプレート]では、自分のライブラリから定義済みのリストテンプレートを選択するか、組み込まれているテンプレートレイアウト(またはそのコピー)を使用することができます。

リストレイアウトテンプレートは、テキスト要素とグラフィック要素の両方を取り込む、高度ですぐにプレゼンテーションできるようなレポート形式を提供します。

テンプレートを使用した形式のレポートは、編集不能なプロジェクトウィンドウに表示されます。プロジェクトウィンドウの内容は、平面図ビューを含むほかのプロジェクトウィンドウにコピーすることも、ARCHICADプロジェクト、RTF、およびPlotMakerのレイアウト形式で保存することもできます。

ライブラリでリストテンプレートを検索するには、[テンプレートの選択]をクリックします。[開く]ダイアログボックスでテンプレートファイルを選択します。デフォルトテンプレートは、ARCHICADライブラリの[リストテンプレート]フォルダにあります。

独立したテンプレートを使用すると、ARCHICADは設定に関して、実際のテンプレートファイルを参照します。[一覧表に含める]チェックボックスをオンにすると、テンプレートファイルはlistset.txtファイル(上記参照)内でアーカイブされます。このチェックボックスをオンにすると、テンプレート名は斜体で表示されます。

データの順番およびパラメータのオプション

データ列の順番を変える方法および列ヘッダーをカスタマイズする方法については、この前の「テキストリスト」部分を参照してください。

パラメータのリストが構成要素または記述項目を含む場合、このチェックボックスを使用して追加のリスト項目を定義します。

注記: データの順番を変更すると、テンプレートに固定の列ヘッダーが含まれている場合には、リストの内容が矛盾してしまう場合があります。

パラメータのリスト

要素リストのテンプレートファイルには、レポートで要素のパラメータを別々にリストする命令やパラメータの値を合計する命令、またはこの両方を行う命令を含めることができます。対応するチェックボックスを使用して、各パラメータに環境設定を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ListParams.png 

[別々のレベルで一覧表示]:各要素のパラメータのタイプをリストします。

[グループ化/全体で使用]:レポートでパラメータ値を合算します。