[リストを設定]ダイアログボックス

[リストを設定]コマンドをクリックすると、詳細なダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスでは、必要なレポートの作成のためにARCHICADによって計算される要素のタイプ、構成要素、またはゾーンを定義したり、出力の複雑度とフォーマットを定義できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/SetupElements.png 

このダイアログボックスを表示させるには、[リストを設定]コマンドをクリックします。

データベースツリー(ダイアログボックスの左側)には、書類整理棚(//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/DBIcon.png)アイコンでマークされた利用可能なデータベースと[リスト設定]フォルダ内のリスト設定が表示されます。このリストには、現在のライブラリ内に配置されたデータベース内にある全てのリスト設定が含まれます。

注記: リスト設定は、プロジェクトの埋め込みライブラリに保存した場合にのみチームワークプロジェクトで有効になります。

リスト設定は階層構造になっており、タイプ別に、要素、構成要素、ゾーンの3つのフォルダに編成されています。各フォルダには、ライブラリが全くロードされていなくても、少なくともいくつかのデフォルト設定と1つの基本リストは含まれています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/Schemes.png 

ユーザー定義の設定は、デフォルト設定の下の同じ階層に表示されます。プレーンテキストの設定には、スプレッドシートのようなアイコンが付いています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/ElemPlainGraphic.png 

データベースに属する設定は、属しているデータベースからのみリストを作成できます。

どのデータベースにも属していない設定は、全てのロードされているデータベースのリストの作成に使用できます。

ツリーからリスト設定を選択すると、右側にその設定が表示されます。