フォーマットウィザード:[レイアウト]タブページ

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/WizardLayout.png 

[フォーマットウィザード]/[フォーマットアシスタント]ダイアログボックスが表示されるとき、デフォルトでは[レイアウト]タブページが選択されています。

このタブページの左側にある[レイアウト名]リストから編集を行うには、グラフィックテンプレートを選択します。

このリストでは、出荷時のデフォルトテンプレートとロックされているテンプレートはグレーで表示されます。デフォルトテンプレートは、ARCHICADリソースコードにリンクされていて、編集できません。[フォーマットウィザード]/[フォーマットアシスタント]ダイアログボックスで詳細を見ることができるだけです。

編集可能なレイアウトは黒で表示され、個別にカスタマイズすることができます。

既存のレイアウトは、デフォルトのものもロックされているものも、全て複製を作ることができます。作成したコピーは、自由に編集できます。

選択したレイアウトの複製、名前の変更、削除は、[レイアウト]タブページの左下の[レイアウト名]ボックスの下の対応するボタンで行います。

注記: ロックされているリスト設定のテンプレートを編集するには、まず[リストを設定]ダイアログボックスでロックを解除します。

レイアウトタイプ

[レイアウトタイプ]リストページから、選択したグラフィックテンプレートのレイアウトタイプを決定します。

ページを垂直方向に並べ替えるには、[単一列]を選択します。

ページをグリッドシステム内で編成するには、[タイル]を選択します。

レイアウトの詳細

[詳細]をクリックすると、各設定に対していずれかのオプション([単一列]または[タイル])を指定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/DetailsSingle.png 

[単一列]リストでは、次の操作が可能です。

2つ並んだリスト項目の行の間隔を定義

リストをARCHICADビューに貼り付けるときに使用するレイアウトスケールを選択

注記:[自動]オプションの場合は、平面図での現在のスケールが使用されます。

[コメント]ボックスには好きな内容を入力することができます。このコメントは、[フォーマットウィザード]/[フォーマットアシスタント]ダイアログボックスの情報領域に表示されます。

[タイル]リストでは、次の操作が可能です。

[グリッド]フィールドを使用して縦横セルの数を指定してから、両方向に対してセル間の間隔を指定

[セルの順番]ボタンを使用して、セルが後に続く方向を編成

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_calculation/calculation/tiled.png