IFCデータの要素一覧表

ARCHICADのインタラクティブな要素一覧表を使用して、現在のプロジェクト要素に割り当てられているIFCデータを一覧表示します。

一覧表」を参照してください。

条件

連動一覧表を作成するときに、IFCデータを要素条件として使用できます。次に例を示します。

IFC割り当て(例:IFCグループ)。

IFC製品タイプ(例:IfcColumnType)。

ARCHICAD IFC ID(ARCHICADによって各要素に自動的に割り当てられるグローバルIFC属性)

外部IFC ID(IFCのインポート時にARCHICADによって各要素に割り当てられるグローバルIFC属性)

フィールド

[フィールドを追加]ボタンを使用して、一般パラメータのリストから以下のIFCデータを選択します。

IFCタイプ。一覧表に要素分類の同等のIFCがリストされます。

IFC割り当て(例:IFCグループ)。

IFC製品タイプ(例:IfcColumnType)。

ARCHICAD IFC ID(ARCHICADによって各要素に自動的に割り当てられるグローバルIFC属性)

外部IFC ID(IFCのインポート時にARCHICADによって各要素に割り当てられるグローバルIFC属性)

その他のIFCデータについては、[フィールドを追加]ポップアップから[IFCプロパティ]ボタンを使用します。

IFCプロパティを選択」も参照してください。

プロジェクトに存在するその他のIFCデータ(属性、プロパティ、分類参照)

リストからプロパティセットを選択した場合、それに含まれる全てのプロパティがフィールドとして追加されます。

[IFC割り当て]をスケジュールフィールドのパラメータとして選択した場合、要素が属しているIFC割り当て(名前が付いた分岐)を(編集不可能な形式で)テーブルに一覧表示します。要素に複数の割り当てがある場合、その全てが一覧表示され、「;」で区切られます。

要素の「IFC製品タイプ」データを一覧表示すると、一覧表に「IFC製品タイプ-タイプ」(例:[IfcWallType])および「IFC製品タイプ-名前」(IFC製品タイプの名称属性)の2つの列が生成されます。

IFC形式で構造モデルから結合したカスタム表面材質、プロファイル、およびIFCプロパティの情報と共に、全ての柱と梁を一覧表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/GenerateIS.png