IFCエクスポートのデータ変換

このダイアログでは、要素の形状の他に、IFCにエクスポートするデータを定義します。このようなデータは、設備管理、エネルギー分析、コスト見積もりプログラムとのデータ交換に活用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/DataConversionFull.png 

エクスポートするARCHICADデータを選択

エクスポートするARCHICADデータタイプのボックスをオンにします。

必要なデータは、生成されたIFCファイルの用途(およびそれを開いて編集するのに使用するソフトウェア)によって異なります。

分類

ARCHICAD分類は、IFC分類参照データとしてエクスポートされます。

要素プロパティ

これをオンにすると、ARCHICADプロパティはIFCプロパティとしてエクスポートされます(ARCHICADプロパティは、[オプション]→[プロパティマネージャー]で定義し、要素の設定ダイアログボックスまたは連動一覧表から個々の要素に割り当てます)。

このリスト項目を選択し、ポップアップを使用してエクスポートするプロパティ([全て]または[可視プロパティのみ])を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ExportIFCProperties.png 

注記:可視プロパティオプションは、プロパティの可視性を制御するアドオンをARCHICADにロードしている場合にのみ使用します。そのようなアドオンをロードしていない場合は、常に全てのプロパティがエクスポートされます。

ビルディングマテリアルのプロパティ

これをオンにすると、ARCHICADビルディングマテリアルのプロパティ([オプション]→[属性設定]→[ビルディングマテリアル]で定義)はIFCプロパティとしてエクスポートされます。

IFC2x3:エクスポートされたビルディングマテリアルデータは、エクスポート済要素に関連付けられます。

IFC4:エクスポートされたビルディングマテリアルデータは、IFC材質に関連付けられます。

要素パラメータ

これをオンにすると、IFC数量またはIFCプロパティに変換するARCHICAD要素パラメータが、そのタイプに応じてエクスポートされます。

注記:このオプションを選択すると、IFCファイルのサイズが非常に大きくなります。ターゲットアプリケーションで、このようなパラメータデータを使用できることが確認できている場合にのみ、パラメータをエクスポートしてください。

エクスポートするパラメータをタイプ別にフィルタするには、このリスト項目を選択し、ポップアップを使用して、[全て]のパラメータまたは[数量タイプのデータのみ]、[プロパティタイプのデータのみ]をエクスポートするかを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ExportParametersIFC.png 

数量タイプのデータには、重量、長さ、面積、体積、時間などが含まれます。数量を読み込むことができるプログラムとデータを交換する場合に便利です。

プロパティタイプのデータには、ライブラリ部品パラメータなどが含まれます。

構成要素パラメータ

複合構造層および断面形状コンポーネントのパラメータを、タイプに応じてIFCプロパティまたはIFC数量としてエクスポートします。

エクスポートするパラメータをタイプ別にフィルタするには、このリスト項目を選択し、ポップアップを使用して、[全て]のパラメータまたは[数量タイプのデータのみ]、[プロパティタイプのデータのみ]をエクスポートするかを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/compositedata.png 

数量タイプのデータには、重量、長さ、面積、体積、時間などが含まれます。数量を読み込むことができるプログラムとデータを交換する場合に便利です。

プロパティタイプのデータには、ライブラリ部品パラメータなどが含まれます。

結果として、エクスポートされたコンポーネントデータは、SolibriなどのIFCを受け取ったアプリケーションでそのタイプとして解釈できます。

ドア-窓のパラメータ

ARCHICAD開口部の詳細情報をIFCドア-窓の線またはパネルプロパティとしてエクスポート。

ゾーンカテゴリ

ARCHICADゾーンのゾーンカテゴリデータ(コードと名称)を、IFCスペース分類参照データ(ItemReferenceと名称)としてエクスポートします。

IFCプロパティをエクスポート

以下のオプションを選択して、エクスポートするIFCプロパティと分類参照を指定します。

全てのIFCプロパティ(IFCプロジェクトマネージャーに表示できる全てのプロパティ(フィルタなし))

選択した変換設定に対してプロパティマッピングプリセットで設定されているプロパティのみ([プレビュー変換設定からのプロパティのみ表示]フィルタをオンにすると、これらのプロパティがIFCプロジェクトマネージャーに表示されます)

エクスポートする派生データを選択

IFCモデルにエクスポートするデータタイプをオンにします(複数選択が可能)。

IFCベース数量

これをオンにすると、数量見積もりパラメータ(サイズ、面積、体積)がIFCにエクスポートされます。このパラメータは、コスト見積もりアプリケーションに活用できます。

次の表に、このオプションを選択したときに自動的に計算され、エクスポートされるエンティティタイプ別の基本数量を示します。IfcSiteの基本数量の値(総敷地境界線長さおよび総敷地面積)は、「情報」→[プロジェクト情報]で、手動で設定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/IFCSiteTable.png 

IFCベース数量をエクスポート

[IFCスペース閉じ込め]:ARCHICADゾーンとそこに含まれるオブジェクト間の関係を定義したデータをエクスポートします。この機能は、設備管理アプリケーションに活用できます。

スペース閉じ込めは、オブジェクト、ランプ、モルフ、またはスラブツールを使用して作成した要素(ARCHICADゾーン内)にのみ適用されます。

オブジェクト、ランプ、モルフ要素:これらの要素とゾーンの配置フロアが同じであり、要素の境界線の中心がゾーンの2Dポリゴン内にある場合にのみ、スペース閉じ込めが適用されます。

スラブ:スラブの基準線がゾーン上部/下部内にあり、スラブポリゴンがゾーンポリゴン内にある場合にスペース閉じ込めが適用されます。

[コンテナをフィルタ]をクリックすると、スペース閉じ込めの内容をIFC要素タイプで絞り込むことができます。

[IFCスペース境界]:ARCHICADゾーンの形状データをエクスポートします(熱量計算アプリケーション向け)。

ARCHICADゾーンには、熱量計算ソフトウェアアプリケーションに役立つ正確な形状データが含まれます。ゾーンは形状面では3Dソリッドで、通常は2つのスラブと4つの壁でその境界が生成されます。スペース境界は、ARCHICADゾーン(IfcSpace)とそれを囲む建築物要素の間の論理接続を定義します。実際には、壁、スラブ、屋根、窓、ドアなど全てに異なる熱伝導特性があります。[IFCスペース境界]オプションをオンにすると、スペース境界とその関連内容(IfcRelSpaceBoundary)がゾーン(IfcSpace)と一緒にIFCファイルにエクスポートされます。つまり、各ゾーンの境界を構成する要素の位置、サイズ、隣接性が計算されます。接続する要素と開口により定義されて切断された領域に従って、ゾーン境界が分割されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/Slide21.png 

エネルギー評価:BIMからBEMを直接作成する」も参照してください。