IFCエクスポートのプロパティマッピング

このプリセットダイアログの[エクスポート用IFCプロパティをマッピング]をクリックして、マッピング定義にアクセスします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/PropMapPreset.png 

これらのマッピングにより、ARCHICADからエクスポートするときに要素に割り当てるIFCプロパティを定義します。要素(IFCエンティティで識別)は、左側のツリーに表示されます。選択した各エンティティのIFCプロパティは、[IFCプロパティ]列に表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/MapPropsforExport.png 

各IFCエンティティの定義済みのIFCプロパティに加え、新しいカスタムIFCプロパティまたは分類参照を作成して割り当てることができます。

IFC管理ダイアログでは、マッピングプリセットデータの前にチェックボックスが表示されます。一方、カスタムデータは前に赤いXを付けて表示されます。マッピングプリセットプロパティは設定ダイアログでもIFCプロジェクトマネージャーでも削除できません。ここでは値の設定のみ可能です。

データを自動的にマップするには、オプションのマッピングルールを使用して値をIFCプロパティに割り当てます。

下の「プロパティマッピングルールの例」を参照してください。

プレビュー変換設定のプロパティマッピングプリセットの追加機能により、現在のARCHICADプロジェクトでIFC関連機能を使用するときに、デフォルトのIFCプロパティセットを使用できます。

プレビュー変換設定」も参照してください。

注記:バージョン21以前のARCHICADでは、これらはプロジェクト固有の設定であり、IFCスキーム設定で管理されていました。ARCHICAD 22でのIFCスキーム設定の移行については、移行ガイドの「IFC変換設定の変更」を参照してください。

IFC構成要素のツリーリスト

IFCエンティティは左側のツリーに表示されます。

プロパティデータが割り当てられているIFC構成要素は、ツリーに太字で表示されます。

ツリーリストは構造と設備範囲でフィルタリングを実行できます。例えば、構造範囲に建築物要素(IfcBuildingElement)タイプ(IfcBeam、IfcColumnなど)を含め、設備範囲にIfcDistributionタイプを含めます。

ツリーリストを、 IFC 割り当てタイプ、 IFC タイプオブジェクト、または IFC 空間要素タイプ(IfcSpatialStructureElement:IfcSite、IfcBuilding、IfcBuildingStorey、IfcSpace)に絞り込むこともできます。

新しいプロパティ/分類参照の追加

新しいIFCプロパティまたは分類参照データを、現在選択しているエンティティに追加するには、以下のいずれかの操作または両方の操作を実行します。

新しいプロパティまたは分類を作成するには、[新規]ボタンをクリックします。

IFCプロジェクトマネージャーおよび要素の設定ダイアログボックスでも、同じ機能を使用できます。

カスタムIFCプロパティまたは分類を新規作成」を参照してください。

[現在のプロジェクトからインポート]:このボタンをクリックすると、現在のプロジェクトで使用できる全てのカスタムIFCプロパティセットとプロパティ(IFCプロジェクトマネージャーまたは要素設定で定義)が追加されます。

IFCプロパティのリスト

太字:太字の親要素(IfcBuildingElementなど)に割り当てられているプロパティデータは、その全ての子要素(IfcBeam、IfcColumn、IfcSlab、IfcWallなど)に自動的に割り当てられます。子要素は太字で表示されません。したがって、ツリー構造内でデータが追加された場所を簡単に判別できます。

青字:子要素に割り当てられたデータは青字で表示されます。このデータは、親レベル(黒字で表示)でのみ修正できます。子要素の名称には括弧書きで親タイプ名が付加されます。

したがって、全ての建築物要素の共通プロパティを作成すると、個々の建築物要素タイプ(IfcWall、IfcColumn、IfcSlabなど)に対して、個別にプロパティを作成する必要はありません。その代わりに、上位レベル(IfcBuildingElementなど)で一度に作成できます。

グレー表示:グレー表示のプロパティは、ARCHICADパラメータと1対1の対応関係を持つため、マップされますが、編集することはできません。例:[リノベーションステータス](ARCHICADの[リノベーションステータス]と同一)、[LoadBearing](ARCHICADの[構造機能]と同一)、[IsExternal](ARCHICADの[位置カテゴリ]項目と同一)。

斜体:ARCHICADのパラメータ/数量またはマッピングルールを適用できない新規のデータ項目は、斜体で表示されます。

鎖アイコン:プロパティがマップされていることを示します。そのマッピングルールは、ダイアログボックスの右側に表示されます。マップされている青字のプロパティを編集することはできません(上位項目から取得されたプロパティです)。

X:赤色の「X」をクリックして、任意のデータ項目を削除できます。属性は削除できません。

すべての設定をクリア

現在のプロパティマッピングプリセットの全ての内容(マッピングルール、プロパティ、分類参照)を削除します。

現在のプロジェクトからインポート

このボタンをクリックすると、IFCプロジェクトマネージャーおよび設定ダイアログで既存のプロパティに対して行われた全ての変更内容(名称と値タイプの修正、データマッピング)が同期されます。

IFC要素タイプ(IfcWallなど)に割り当てられたプロパティが、まだ現在のプロジェクトでは使用できない場合、そのタイプのインスタンスがモデルに定義されるまで、IFC管理ダイアログには表示されません。

空の新規プロジェクトでは、初期のIFCデータとして、プレビュー変換設定のプロパティマッピングデータが使用されます。