IFCインポート用プロパティマッピング

この変換プリセット(IFC変換設定)を使用して、ARCHICADにインポートされたIFC要素のプロパティの処理方法を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/PropMappingStart.png 

このセクションのトピック

インポート方法の選択

マッピングテーブルの使用

ARCHICADでのプロパティ値の割り当て(IFCプロパティマッピングに基づく)

IFCデータをARCHICADカテゴリにインポート

未定義リノベーションステータスの置換

インポート方法の選択

IFCプロパティまたはARCHICADプロパティのいずれかを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/PropMapPresetImportFull.png 

IFCプロパティとしてインポート

これがデフォルトオプションです。ARCHICADはインポートしたIFC要素の全てのプロパティをインポートします。

インポートしたデータは、要素リストの検索と選択や一覧表設定など、ARCHICADインターフェイスのさまざまな部分でIFCプロパティとして使用できるようになります(これは以前のACバージョンでのIFCプロパティのインポート方法です)。

このオプションを選択した場合、プロパティマッピングを使用する必要はありません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/ImportIFCProps.png 

ARCHICADプロパティとしてインポート

このオプションは、特定のIFCプロパティデータを、ARCHICADプロパティを使用する(IFCプロパティは使用しない)ARCHICAD機能で使用できるようにしたい場合に役立ちます。この機能には以下のようなものがあります。

表現の上書き

数式で定義されたプロパティ

干渉検出

自動テキストラベル

このオプションを選択すると、マッピングテーブルが有効になります。テーブルを使用して、どのIFCプロパティ値を既存のどのARCHICADプロパティにインポートするかを定義します。

リスト内の各IFCプロパティ(左から4列を使用して定義)が、現在のプロジェクトのARCHICADプロパティ(右端の列)にマップされます。

現在のプロジェクトに新しいARCHICADプロパティは生成されません。

このマッピングテーブルに記載されていないIFCプロパティは、インポート時に無視されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/115-ifc/PropMapPresetImport.png 

備考:

ARCHICADの任意の要素に使用できるARCHICADプロパティのセットは、要素の分類によって異なります。

ARCHICADプロパティごとにデフォルト値があります(プロパティマネージャーで割り当て)。

IFCからインポートした要素の場合、該当するIFCデータに基づいて(使用可能な場合)、このマッピングテーブルでARCHICADプロパティ値をデフォルトからカスタム値に変更できます。