ARCHICAD 22でヘルプを表示する

コンテキストヘルプ

ARCHICADには、コンテキストヘルプシステムが装備されています。

ヘルプを起動するには

F1キー(Windows)またはCmd+?キー
(Mac)を押します。

注記: ショートカットキーは、言語バージョンによって異なる場合があります。

または特定のARCHICADユーザーインターフェイス要素を右クリックして、[個別ヘルプ表示]コマンドを選択します。

ヘルプがクリックしたARCHICADインターフェイス項目に関するトピックを開きます
(場合によっては、ARCHICADのメインページを開く場合もあります)。

ヘルプのメインページは、[ARCHICADヘルプ]メニューから[ヘルプ]を選択して表示することもできます。

リファレンスガイドの完全版、チュートリアルや動画などその他のヘルプ資料については、オンラインの ヘルプセンターでご利用いただけます。

ARCHICAD 22 Solo版をご利用の際の注意事項

ARCHICAD 22 Soloのヘルプは、ARCHICAD 22(レギュラー版)のリファレンスガイドに基づいて作成されています。したがって、このヘルプで説明されている一部の機能は、ARCHICAD 22 Soloでは使用できません。

該当する場合、これらの説明には「レギュラー版のみ」と記されています。

ARCHICAD 22 Soloでは、次の機能はサポートされていません:

チームワーク

BIMcloud

CineRenderレンダリングエンジン

ライセンス借用

ホットリンクモジュール、XREF、外部からのビューのリンク