カーテンウォールのリニューアル

カーテンウォールが、中規模から大規模までのオフィス用の強力なデザインツールとしてリニューアルされました。簡単で使い易いツールを提供するため、デザインプロセスの改良を重視しました。

入力方法の更新、フレキシブルなスキームセットアップ、ユーザビリティの拡張、コンテンツがアップグレードされました。

カーテンウォールのパターンを簡単に作成

空のカーテンウォール(お気に入りとして使用可能)を作成し、編集モードに入り3Dのフレーム、断面図/立面図、平面図を描画します。一時的な分割が自動的に作成および削除されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/CustomFrameBegin.png 

パターン定義ボックスの表示:ボックスを移動、ストレッチ、編集してカスタムパターンの範囲を定義します。一度確定すると、ボックス内で描画した内容に基づいて、カーテンウォールのパターンの内容および原点が再定義されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/AdjustCWPatternBox.png 

パネルやフレームレベルのパターンを微調整し、それをカーテンウォール(または分節)全体に適用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/FineTuneCWPattern.png 

フレキシブルなパターンの定義

カーテンウォールのパターンの設定がこれまでよりさらに直感的になりました。

固定サイズ、分割数、最適な分割ロジックを行と列に個別に定義

行と列:パターンを終了させる行と列を設定

固定サイズのパターンロジックを使用する場合は、カーテンウォール分節の「残り」を処理する方法に関するオプションを選択

両方向のパターン原点を数値でプリセット

カーテンウォールの入力または編集を行う場合、スナップ可能なフィードバックにより、整数の列数での終了が容易

パネル分割の定義、パネルの結合、パネル/フレームの削除の全てがパターンレベルで可能

パターンレベルでの対角線フレームの定義(制限:1つのパターンセルに対して1つの対角線フレーム)。事前に定義されているお気に入りのスキームが参照する例となります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/NFG_CWScheme.png 

2D表示:詳細レベルのモデル表示オプション制御

各構成要素タイプの詳細レベルを選択します。例えば、長方形(簡略)を使用したカーテンウォールフレームや単一のパネルのみ使用したカーテンウォールパネル(スキーム)を表示したり、簡略のままの付属品を除いて全てを完全に詳細で表示することが可能です。

スキーム表示では、ドア/窓パネルの開口線は従来どおり表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/CurtainWallOptions.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/full_detail.png 

詳細なカーテンウォール

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/detailed_with_simplified_accessories.png 

詳細なフレーム/パネル、簡略化された付属品

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/schematic_floor_plan_section.png 

スキーム表示のカーテンウォール(平面図)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/schematic_elevation_3d.png 

スキーム表示のカーテンウォール(3D/立面図)

カーテンウォールの内容のアップグレード

任意の数のフレーム/パネルクラスの作成

パターンレベルでのこれらのクラスの使用

[構成要素にラベル]コマンド(以前の[カーテンウォール部材にラベルを付ける])を使用して、クラスごとに要素にラベルを付けます。

ビルディングマテリアルがシステムレベルからフレーム/パネルクラスレベルに移動されたため、各クラスに固有のビルディングマテリアルがあります。

特殊フレーム交差部

六角形または三角形のパターンなどの3つ以上の同じ優先度フレームが交わると、交差部は適切な形状を使用してARCHICADで自動的に処理されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/SmartFrame.png 

カスタマイズ可能な2D表示(ハイブリッド平面図モード)

全てのシンボルまたは全ての投影線の代わりに、ハイブリッド平面図モードを導入しました。

切断表示の新しいモードでは、投影線モードとシンボルパネルを組み合わせます(投影された壁に表示されるドア/窓のシンボル表示に類似しています)。

切断、投影、上部線の部品を個別に制御。例えば、1つのカーテンウォールに、投影線投影表示、シンボル上部線表示、および切断部品の「投影線とシンボルパネル」を持たせることができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/Hybrid.png 

カーテンウォール固有のデフォルトライブラリ部品(フレーム、パネル、ドア、窓、付属品)が再開発され、詳細レベルのオプションが新しくなりました。

新しいカーテンウォールGDLコンテンツ

カーテンウォールのドア/窓の詳細レベルが、通常のドアおよび窓の詳細レベルとより厳密に一致

カーテンウォールのドア/窓にビルディングマテリアルを導入(切断塗りつぶし、切断ペン、材質を代替)

新しいポリゴン窓要素:任意のパネルポリゴン(六角形、八角形、台形など)に適合可能な開口ヒンジ窓

新しい断面形状フレーム:フレームとキャップに断面形状(断面形状マネージャで定義)を使用

新しい断面形状エッジパネル:パネルの外周押し出しとして断面形状(断面形状マネージャで定義)を使用。パネルに複合構造塗りつぶしも定義

コーナーフレームの処理:6つのコーナーフレームタイプを導入

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/CornerFrame.png