新しいCineRenderエンジン

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

ARCHICAD 22は新しいCineRenderエンジン(R19)を使用して、下記の新しい機能を使用します。

トーンマッピングを後処理に追加

専用のカメラを使用するステレオレンダリング

360°またはドームレンダリングを生成する全天球カメラ

ステレオ球体レンダリング(2つのカメラの組合せ)

下記を含む最適化された性能:

標準レンダリングのスピードアップ

物理レンダリングと標準レンダリングにおけるシンプルな透過のスピードアップ

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/005-newfeatures/NFGStereo.png