背景色とグリッド線カラーの設定

1.[表示]→[グリッド/編集中の平面オプション]→[グリッドと背景]を開きます。

2.[背景]フィールドをダブルクリックすると[色の設定](Macでは[カラー])ダイアログボックスが開き、別の色を選択できます。

3.[グリッドの色]フィールドをダブルクリックすると[色の設定](Macでは[カラー])ダイアログボックスが開き、グリッドの色に別の色を選択できます。

注記:ここで選択したカラーは、一時的に移動したプロジェクト原点を淡色表示する場合にも使われます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/GridsBackground3D.png 

次の2つのコントロールは、3Dウィンドウが有効な場合のみ使用できます:

[グリッド背景]/[グリッド不透過]:スライダを使用して、グリッド背景(編集中の平面)および3Dウィンドウ内のグリッド線のみの輝度を設定します。

モデルの自動ペンカラー表示調整

背景カラーの明るさが一定値を下回る場合(つまり、背景が暗い場合)、ARCHICAD画面では黒いペンが白として表示されます (これは、暗い背景や黒い背景を使用してAutoCADの表示方法に似せるときに便利です)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/WhiteBlack.png //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/BlackWhite.png

ただし、印刷時のペンのカラーはペンカラーテーブルの実際の設定に従って印刷されます。

特定の背景に対して表示するのが難しい黒以外のペンは、類似の見やすいカラーに自動的に変更されます。背景が白の場合、白いペンで描かれた要素は、見やすいようにライトグレーに調整されます。印刷時のペンのカラーはペンカラーテーブルの実際の設定に従って印刷されます。

この自動カラー調整機能を無効にするには、[オプション]→[作業環境]→[画面オプション]の[モデルの自動ペンカラー表示調整]チェックボックスをオフにします。