BIMcloudライブラリの管理

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

プロジェクト(単独またはチームワーク)でBIMcloudライブラリを使用するには、[BIMcloudライブラリの管理]ダイアログボックスを使用して、最初にそのライブラリをBIMcloudにアップロードする必要があります。

このダイアログボックスでは、BIMcloudのライブラリを表示、アップロード、および管理できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/ManageServerLibsDefault.png 

注記: チームワークプロジェクトでは、このダイアログボックスを使用するにはプロジェクト管理者またはサーバー管理者であることが必要です。

以下の方法から1つ選んで、このダイアログボックスを開きます。

[ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[BIMcloudライブラリの管理]を使用します。

ライブラリマネージャーから[BIMcloudライブラリの管理]アイコンをクリックします。

ダイアログボックス上部のポップアップでBIMcloudを選択してログインします。

BIMcloudにログイン」を参照してください。

必要に応じて緑色の[更新]ボタンをクリックして、このダイアログボックスに表示されるライブラリリストおよびユーザーポップアップ情報を更新します。

ツリービュー

ツリービューを使用するか、右上のアイコンを使用してフラットリストに切り換えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/ManageServerLibs.png 

ツリービューにはライブラリだけでなく、BIMcloudマネージャ(プロジェクトルート)の階層内の位置も表示されます。

デフォルトではプロジェクトとライブラリの両方がリストされます。ライブラリのみ表示するには、[全ての項目を表示]のチェックをオフにします。

ツリービューで[フォルダを作成]を使用するとプロジェクトルートに新規フォルダを作成できます。

必要なアクセス権:

簡易管理モード:プロジェクト管理者またはサーバー管理者

詳細管理モード:出力先フォルダの「詳細の修正」および「フォルダ内容の修正」

フォルダは即座に作成されます。フォルダはブラウザベースのBIMcloud Managerでのみ削除などの管理を行うことができます ([新規フォルダ]ドロップダウンボタンから[フォルダを管理]リンクをクリックし、BIMcloudマネージャの[プロジェクト]ページにアクセスします)。

同名のライブラリが既にBIMcloudのフォルダ内に存在する場合は、ライブラリをアップロードすることができません。1つのBIMcloudの場所に同時に存在することができるライブラリは1つのみです。

フラットビュー

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/ManageServerLibsFlat.png 

BIMcloudライブラリが、アップロード日付とホストサーバーのアドレスと共にリストされます。

BIMcloudライブラリを更新

このコマンドを使用して、選択したライブラリ(BIMcloudにアップロード済み)を同じ名前のより新しいライブラリを使用して更新します。

1.更新するライブラリを選択します。

2.[更新]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/UpdateServerLibrary1.png 

3.選択したライブラリを置き換えるライブラリを参照します。これには同じ名前の新しいライブラリを指定してください。

4.[選択]をクリックします。

5.更新結果がフィードバックとして表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/ServerLibraryUpdated.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/ServerLibraryUpdatedNot.png

BIMcloudへのライブラリのアップロード

必要なアクセス権:

簡易管理モード:プロジェクト/サーバー管理者

詳細管理モード:

フォルダ内容の修正

ライブラリルートの「詳細の修正」

特定のフォルダへのアップロード権限がない場合は、デフォルトフォルダを選択するように指示されます。

1.[ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[BIMcloudライブラリの管理]に移動します。

2.[アップロード]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/UploadBIMServerLibrary.png 

注記:リストビューで、リストされたライブラリを選択していない場合、1つ選択するように、またはツリービューに切り換えてフォルダを選択するように指示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/ChooseDestination.png 

3.アップロードするライブラリを参照します。アップロードされたライブラリには、.plaファイル、.lcfファイル、フォルダを追加することができます。GSMファイルを個別にアップロードすることはできません。アップロードできるのは、.lcfファイル、.plaファイル、および通常のフォルダのみです。

4.[開く]をクリックします

5.[ホストサーバーの確認]:ライブラリがアップロードされるデフォルトのホストサーバーが表示されます。

デフォルト以外の別のBIMcloud Serverにライブラリをアップロードするには、ポップアップをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/SelectHostServer.png 

必要なアクセス権:

簡易管理モード:サーバー管理者

詳細管理モード:BIMcloud Serverにホストされているデータの修正

6.[アップロード]をクリックします。ライブラリがBIMcloudにアップロードされます。

7.ダイアログボックスが閉じます。

ライブラリをアップロードしたら、各ユーザーはこのBIMcloudライブラリをプロジェクト(単独またはチームワーク)に追加できます。

BIMcloudライブラリを追加」も参照してください。

BIMcloudへの個々のオブジェクトのアップロード

BIMcloudに個別のオブジェクトをアップロードするには、まずオブジェクトをフォルダ内に配置してから、フォルダをアップロードします。

BIMcloudからライブラリをダウンロード

[ダウンロード]コマンドを使用して、選択したライブラリを指定した場所にダウンロードします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/020-configuration/DownloadBIMServerLibrary.png 

BIMcloudからライブラリを削除

[BIMcloudライブラリの管理]ダイアログで[削除]をクリックします。

必要なアクセス権:

簡易管理モード:プロジェクト/サーバー管理者

詳細管理モード:ライブラリルートの「フォルダ内容の削除」