BIMcloudライブラリ

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

BIMcloudライブラリはBIMcloudに配置されますが、プロジェクトに追加されます。BIMcloudライブラリは、単独ユーザーまたはチームワークのどのプロジェクトにでも追加できます(サーバーにアクセスできる場合に限ります)。

チームワークプロジェクトまたは単独プロジェクトでBIMcloudライブラリを使用するには、以下の操作を実行する必要があります。

ライブラリをBIMcloudにアップロードします。

次にARCHICADのライブラリマネージャーを使用してライブラリをプロジェクトに追加します。

BIMcloudライブラリを使用する利点

BIMcloudライブラリを更新するたびに、単独(ライブラリの再ロード後)およびチームワーク(送信/受信の実行後)の両方の全てのユーザーに更新が適用されます。

サーバーからの更新には「差分ロジック」が使用されるため、変更部分のみが送信されます。

BIMcloudライブラリの内容はチームワークユーザーのマシンにキャッシュされ、ローカルで読み込まれます。これに対して、リンクライブラリは常にネットワークから読み込まれます。

関連トピック

BIMcloudライブラリを追加

BIMcloudライブラリの管理

BIMcloudへのライブラリのアップロード

BIMcloudへの個々のオブジェクトのアップロード

チームワークのライブラリ

サブトピック