XREFの操作

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

外部参照ファイル(XREF)は、ホットリンクモジュールと似ています。ただし、外部参照ファイルは、ARCHICADファイルではなくDXFファイルまたはDWGファイルです。

チームワークのホットリンクモジュールとXREF」も参照してください。

外部参照はハードディスクの容量と仕事量を節約する方法です。DWGまたはDXFファイルを平面図または詳細図にアタッチできます。このファイルは、選択したDXF/DWGトランスレータの設定を使用して、プロジェクトにロードされて表示されます。

XREF内の全ての図面要素にスナップし、印刷または出力できます。

XREFの一般的な使い方は、プロジェクトのさまざまな図面に共通する要素を描画することです(例えば、外壁と内壁の輪郭)。このデータを含むファイルがあれば、プロジェクトファイルには実際にデータを含めずに、XREFファイルに含まれている図形情報を他の図面に添付できます。また、外部参照(DWGまたはDXF)内のデータのソースが変更された場合、変更がただちに更新され、常に最新データを利用できます。

XREFは、ARCHICADとAutoCADの両方で利用できます。この2つのアプリケーションは、共に循環参照を検出できます。

ARCHICADでは、外部参照ファイルはAutoCAD内と同様に機能します。ARCHICAD XREFではDWGファイルの2D要素を表示できますが、3次元のAutoCAD要素(ソリッド要素など)はARCHICADの3Dウィンドウには表示されません。

注記:ここで説明する機能のいずれかが正しく機能しない場合は、DXF/DWGアドオンが不足しているか、DXF/DWGトランスレータが設定されていない可能性があります。これは、[ファイル]→[開く]を選択して[ファイルの種類]フィールドに該当するファイルの種類があるかで簡単に確認できます。欠落しているアドオンをロードするには、[オプション]メニューの[アドオンマネージャ]コマンドを使用します。

XREFをアタッチ

1.平面図、詳細図、またはワークシートウィンドウから、[ファイル]→[外部参照]→[XREFをアタッチ]を使用します。

2.[XREFをアタッチ]ダイアログボックスが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/AttachXREF.png 

3.[XREFの名前]ポップアップで、プロジェクトにロード済みのXREFのリストから選択するか、[参照]をクリックしてアタッチするDWGまたはDXFファイルを参照します。

4.必要に応じて、挿入と回転のオプションを設定します。

詳細は、「[XREFをアタッチ]オプション」を参照してください。

5.アタッチするファイルの変換オプションを定義したDWG/DXFトランスレータを選択します(あるいは、表示されているデフォルトのトランスレータを使用)。現在のトランスレータのオプションを表示するには、[設定]をクリックします。

6.[アタッチ]をクリックします。

ARCHICADでのXREFファイルのアタッチとアタッチ解除、ロード解除と再ロード、プロジェクトファイルへのバインド、およびファイルに関する情報の表示が行えます。これらの機能は、[XREFマネージャー]ダイアログボックス[ファイル]→[外部参照]→[XREF管理]および[ファイル]→[XREFをアタッチ])で使用できます。

注記:ファイル名が同じXREFを別の場所からアタッチしないでください。AutoCADではこのようなファイルを開けません(同じ名前で拡張子が異なるファイル(DXFとDWG)でも問題が発生する可能性があります)。

XREFを管理

プロジェクトにアタッチしたXREFを管理するには、[ファイル]→[外部参照]→[XREF管理]を使用します。

[XREFマネージャー]ダイアログボックスには、各XREFを開くときに使用するトランスレータに関する情報に加え、参照名(通常はアタッチしたファイルの名前と同じ)、参照の状態(ロード、アタッチ解除、再ロード、ロード解除、またはバインド)、サイズ、タイプ(アタッチまたはオーバーレイ)、日付、要素数など、アタッチしたファイルに関する情報が表示されます。

詳細は、「[XREFマネージャー]ダイアログボックス」を参照してください。

概要については、「XREFの操作」も参照してください。

XREFファイルの属性

双方向通信でのXREFの使用

サブトピック