モデルをRhinoにエクスポート

RhinoにエクスポートされたARCHICADモデルは、形状情報のみを転送します。これは、Rhinoではこの種類のデータのみ取り扱われるためです。

Rhinoでは、ARCHICAD要素は選択可能なサブ要素です。関連する要素属性(表面カラー、テクスチャ)と、ARCHIADの元のレイヤー構造およびグループ化要素は保持されます。

非形状データ(プロパティ、タグ、一覧表データ、数量など)は転送されません。ACテクスチャのマッピングはサポートされていません。

ARCHICADモデルをRhinoにエクスポート

1.3Dウィンドウから[ファイル]→[Rhino 3Dモデルとして保存](.3dm)を使用してARCHICADモデルの一部または全てをRhinoにエクスポートします。

2.[名前を付けて保存]ダイアログボックスで[オプション]をクリックして、詳細なオプションにアクセスします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/ExportRhinoOptions.png 

サーフェスモデル

ARCHICAD要素の材質の元の色をRhinoで保持する場合は、これを選択します。各ARCHICAD要素の複数の色を複数のRhino要素に分解する必要があります。

注記:単一のARCHICAD要素では各材質の色が異なってもかまいませんが、単一のRhino要素では全ての材質に対して色は 1 つのみでなければなりません。そのため、複数色のARCHICAD要素の全ての表面カラーを保持するために、ARCHICAD要素はRhinoの複数要素(それぞれ色が異なる)に分解されます。

参照モデル用途にエクスポートしたARCHICADモデルを使用している場合は、サーフェスモデルを使用します(例えば、一部のプロジェクトをRhinoでモデリングしていて、ARCHICADで作成された周囲の環境を正しいカラーで表示したい場合など)。

ソリッドモデル

このオプションを使用すると、RhinoではARCHICADソリッド要素はシングルメッシュ要素またはポリサーフェス要素と解釈されます。そのため、Rhinoでは単一色になります(元のARCHICAD要素が別の材質で別の色を使用した場合でも)。

[ソリッドモデル]オプションは、色がそれほど重要でないシミュレーションでRhinoモデルを使用する場合などに使用します。

詳細オプション(高度)

注記:ほとんどのユーザーはデフォルトオプションで作業できますが、 [詳細]タブをクリックすると、必要に応じてエクスポート設定を表示して変更できます。

ARCHICADとRhinoが曲面とエッジを使用する方法に違いがあるため、ARCHICADは、各要素を解釈する方法を最適化しようとします。これは特に、曲線の部分や複数のサーフェスがある、ARCHICADの複合構造要素とモルフに関係があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/ExportRhinoDetails.png 

デフォルト設定はハイブリッド(表面形状によって各要素をBREPまたはメッシュと解釈するスマートな手法)なので、Rhinoでは両方の種類の要素になります。

要素が全て平面で構成される場合は、要素はBREPとしてRhinoに自動的にエクスポートされます。

要素に曲面が含まれる場合は、要素はメッシュ としてRhinoに自動的にエクスポートされます。

ただし、Rhinoの全てのモデル要素がメッシュまたはBREPとして均一に解釈するようにもできます(詳細な編集を簡素化したり、メッシュを認識しないサードプログラムにエクスポートする場合など)。

BREPモデル(境界表現)

メッシュモデルより大きいファイルサイズ

穴と多面ポリゴンを解釈可能

曲面の内部三角形分割は表示不可(境界曲線のみ表示)

エッジでのハード対ソフトのシェーディングに関するユーザーコントロール不可

メッシュモデル

BREPモデルよりも小さいファイルサイズ

全てのサーフェスは三角形分割または四角形分割されます。そのため、より複雑な要素(多面ポリゴンや穴のある要素など)も三角形分割され、追加のエッジが生成されます。

表示/非表示ステータスの要素エッジは個々に制御され、全ての要素エッジの表示は[メッシュワイヤ]オプションを使用して均一に制御されます。

各エッジにシェーディングをハードまたはソフトのいずれとして表示するかを設定できます。