Rhinoファイルをホットリンク

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

1.他のホットリンクを配置する場合と同様に、[ファイル]→[外部参照]→[ホットリンクを配置]を使用します。

2.[新規ホットリンクモジュール]ダイアログからRhino 3Dモデル(*.3dm)形式を選択し、[オプション]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/PlaceRhinoHLM.png 

3.[Rhinoインポートオプション]ダイアログが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/RhinoImportOptions.png 

これらはRhinoモデルを開くまたは結合する際のオプションと同じです。

3Dモデルのインポートオプション」を参照してください。

注記:Rhinoベースのホットリンクを配置した後に分割設定を変更することはできません。

4.インポートオプションの設定後、[OK]をクリックして[新規ホットリンクモジュール]ダイアログに戻ります。

5.新規作成したRhinoベースのホットリンクを選択し、[選択]をクリックして[ホットリンクを配置]ダイアログボックスに戻ります。

6.通常の手順に従って、このホットリンクを配置および結合します。ホットリンクはARCHICADで現在開いているフロアに配置されます。

このプロセスの概要は、「ホットリンクを配置」を参照してください。

ホットリンクモジュールのインポート設定の確認

Rhinoベースの各ホットリンクモジュールは、それぞれ独自のインポート設定を持つことができます。ホットリンクの設定(または変換情報)を確認するには、以下の手順を実行します。

1.ホットリンクモジュールマネージャーを開きます([ファイル]→[外部参照]→[ホットリンクモジュールマネージャー])。

2.配置するモジュールのリストから目的のRhinoベースのモジュールを選択します。

3.右側に表示される[変換情報]セクションをチェックして、そのモジュールの情報を確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/RhinoHLConversionInfo.png