設備モデルをARCHICADにインポート

設備アプリケーションからARCHICADにデータをインポートするときに最もよく使用されるファイル形式は、DWGとIFCです。

DWGを使用して設備データをインポート

AutoCADを使用するエンジニアから送信される設備データは、DWG形式です。ベストプラクティスは、参照用の通り芯を追加した設備モデルのみをインポートすることです。ARCHICADでは受け取った設備モデルをXrefとしてインポートするか、図面として配置します。ARCHICADの図面ツールは、埋め込みレイヤー表示設定を備えており、図面内容でレイヤーのオン/オフを切り替えることができます。

詳細については、「インポートするDWG/DXF/DWFファイルのレイヤーの表示/非表示」を参照してください。

IFCを使用して設備データをインポート

IFCを使用して設備モデルをARCHICADにインポートする場合、ソフトウェア固有のエクスポート拡張機能が用意されており、インポートした設備設計を建築モデルにシームレスに統合できます。IFCを開くソフトウェアを使用して、これらのエクスポート拡張機能により作成されたファイルを開くことも可能です。このファイルはカスタム形式ではなく、標準のIFCファイルであり、ARCHICADでの要素変換処理を支援する追加情報を収めます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/GSACRevitMEP.png 

Revit用の無償のGRAPHISOFT ARCHICAD Connectionアドインソフトは、GRAPHISOFT MEP Modelerに最適化されたIFC形式を使用してMEP要素をエクスポートすることができます。アドインソフト用のインストーラはGRAPHISOFTの下記のウェブサイトから入手できます。

http://www.graphisoft.com/support/archicad/downloads/interoperability/