ARCHICADで保存するARCHICADファイルタイプ

ARCHICADプロジェクト(.pln)

ARCHICADは、基本的に無制限の長さのUnicodeファイル名をサポートしています。

アーカイブ(.pla)

詳細は、「アーカイブファイル」を参照してください。

ARCHICADテンプレート(.tpl)

現在のプロジェクト設定を以後テンプレートとして使用するために保存する場合には、このオプションを選択します。

詳細は、「テンプレートファイル」を参照してください。

アーカイブオプション

詳細は、「アーカイブファイル」を参照してください。

ARCHICADの旧バージョン形式のプロジェクト(.pln)

ARCHICAD 22は、以前のファイル形式では、ARCHICAD 21ファイル形式でのみプロジェクトファイルを保存できます。

バージョン21に下位保存するには、以下の手順を実行します。

1.[ファイル]→[名前を付けて保存]を選択します。

2.[保存]ダイアログボックスで、[ファイルの種類]のリストから[ARCHICAD 21プロジェクト]を選択します。

ARCHICAD 21でサポートされない要素と情報が削除される旨の警告が表示されます。

サポートされるライブラリ部品の下位互換性

ARCHICAD 22のプロジェクトをバージョン21に再保存する場合、22用に修正されたライブラリ部品は、バージョン21で元の状態に自動的に置き換わります。

注記:ARCHICAD 22でARCHICAD 21にないパラメータや機能をオブジェクトに追加した場合は、ARCHICAD 21にオブジェクトを再保存したときに、これらの新機能は失われます。

[名前を付けて保存]ダイアログボックスの[オプション]で、[ライブラリオブジェクトを下位変換]チェックボックスをオフにすることができます。これにより、最新バージョン向けに改訂されたライブラリ部品は、以前のバージョンでは対応する部品に置き換わることなく、「欠落」と表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/110-interoperability/ConvertObjectsBackward.png 

BIMxファイル形式 /BIMx Hyper-model

詳細は、「GRAPHISOFT BIMx」を参照してください。

PlotMaker図面(.pmk)

モデルビューをPMKファイル形式で保存するには、発行機能を使用します。

詳細は、「発行機能の出力形式の定義」を参照してください。

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

モジュールファイル(クリップボードからモジュール)(.mod)

詳細は、「モジュール(.mod)ファイルの作成」を参照してください。

GDLスクリプト(.gdl)

このオプションでは、モデルをGDLスクリプトで保存できます。

詳細は、「GDLオブジェクトエディタ」を参照してください。

ARCHICAD 2Dライン(.2dl)

これらのファイルは、ベクトル3Dエンジンを使用してARCHICADの3Dウィンドウから保存したベクトル図面です。この図面はモデル情報を持たず、平面図ワークシートで2Dツールを使って修正できます。

重要な注記:3Dウィンドウでは、このオプションはベクトル3Dエンジンでのみ使用可能で、OpenGLモードでは使用できません。