ARCHICADからエネルギー分析ソフトウェアにファイルをエクスポート

建築モデルをエネルギー分析アプリケーションにエクスポートする前に、内容を簡素化した3Dモデルビューを定義する必要があります。ARCHICADの建築エネルギーモデルは、不必要なデータを非表示にして、簡素化する必要があります。内部空間とその相対位置の体積のモデルを正確に作成する必要があります。

ARCHICADによる建築エネルギーモデルの作成の詳細は、下記のARCHICADヘルプの章(「エネルギー評価ワークフロー:概要」) を参照してください。

エネルギー評価のための建築BIMの準備

ヒートブロックを定義する

モデル形状と材質特性の自動分析

ARCHICADからエネルギー分析アプリケーションにデータをエクスポートするには、IFCとExcelの2つのファイル形式を使用できます。

IFCを使用

エネルギーエンジニアがIFCベースのファイルインポート機能を備えたアプリケーションを使用する場合、ARCHICADのデフォルトのIFC変換設定を使用するか、または変換設定のカスタム設定を作成する必要があります。例えば、エクスポートする建築モデルには、ゾーンと境界要素間の関連情報を含める必要があります。

ARCHICADからIFCモデルをエクスポート」を参照してください。

Excelを使用

結果のExcel表の建築物形状データページを、他のエネルギー計算ソフトウェアの入力として使用します。例えば、単純な静的エネルギー計算アルゴリズムを使用するサードパーティのExcelスプレッドシートとして使用します。

エネルギー性能評価-XLS版レポートの読み取り」を参照してください。