データ変換

文字列の変換[STR]

単位のない数値またはTrue/False値を文字列に変換します。

結果の文字列にはデフォルトで小数第二位まで表示されます。

構文

STR(値,[小数点以下の桁数])

注記:必要な区切り記号(カンマまたはセミコロン)は、コンピュータの地域設定に自動的に対応します。

引数のデータタイプ

値:整数、数値、True/False

小数点以下の桁数(オプション):整数

結果のデータタイプ

文字列

ホームフロア数要素プロパティ(数値タイプの値)を文字列に変換します。

結果が整数(小数点以下の桁数がゼロ)であることを確認します。

数式

STR(ホームフロア数, 0)

結果

2(梁に対するホームフロアが2の場合)

注記

結果の文字列にはデフォルトで小数第二位まで表示されます。小数を必要としない場合(ホームフロア数の例のように)、小数点以下の桁数引数として0を追加します。

単位値(長さなど)を文字列に変換するには、単位を文字列に変換[STRCALCUNIT]関数を使用します。

STRを使用する別の例については、「例10:構造の合計コスト(ドル単位)をリストする」を参照してください。

単位を文字列に変換[STRCALCUNIT]

プロジェクト設定の計算単位と ルール設定に基づいて、単位値を文字列に変換します。

構文

STRCALCUNIT(値)

引数のデータタイプ

長さ、面積、体積、角度

結果のデータタイプ

文字列

壁断熱材の厚さ(長さ)を文字列に変換します

数式

STRCALCUNIT(壁断熱材厚)

結果

25

注記

単位のない値(ホームフロア数など)を文字列に変換するには、文字列の変換[STR]関数を使用します。

STRCALCUNITを使用する別の例については、「例3:説明テキスト文字列を使用してプロパティを拡張する」を参照してください。

文字列の最初の数値[STRTONUM]

文字列の最初の位置から数字を抽出します。

(文字列の先頭だけが考慮されます。文字列内の数字は検索されません。)

構文

STRTONUM(”テキスト”)

引数のデータタイプ

文字列

結果のデータタイプ

数値

要素のARCHICAD IFC ID(文字列タイプパラメータ)の最初の文字である番号を抽出します。
(例: “3MtfJD8lf96mvn65fX2qo”)

数式

STRTONUM(ARCHICAD IFC ID)

結果

3(IDが“3MtfJD8lf96mvn65fX2qo”の要素の場合)