梁ツールの設定

ツールボックスの全てのツールに共通の一般的な設定については、「ツール設定ダイアログボックス内での作業」を参照してください。

梁ツールは、梁の構造を簡単に定義するために使用します。

詳細は「」を参照してください。

梁の[形状と位置]パネル

[梁高さ]:梁の高さの値を入力します。

[配置フロアへの基準線オフセット]:配置フロアからの梁の高さをここに入力します。

標準的な梁の基準線は、常に梁の上面にあります。デフォルトでは、基準線は上面の中央を通っていますが、オフセットできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/BeamRegularHeight.png 

断面形状の梁の場合、基準線は断面形状の中心線です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/BeamProfileHeight.png 

[基準レベルからの]下部高度:基準レベルから測定する形で梁の基準線の現在の高さを計算します(デフォルトでは、この基準レベルはGLです)。必要に応じて、ポップアップ矢印をクリックして基準レベルを変更します。

注記:基準レベルは、[オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル]で定義します。

レベルの詳細は、「基準レベル」を参照してください。

注記:傾斜した梁の場合、この高さは梁の基準線の開始点を表します。断面形状の梁の場合も、この高さの値は基準線の高さを表します。断面形状の梁の場合、基準線は断面形状の中心です。

注記:下部高度は、梁の基準線の現在の高さを示します。したがって、この値はリンクではなく計算ツールとしてのみ機能します。基準レベルの位置を変更しても、梁の位置は変更されません。

配置フロア

要素の配置フロアにするフロアを選択します。

現在のフロア:梁の配置フロアが、配置される現在のフロアになります。

梁の基準線をリンクするフロアを選択します。[フロアを選択]をクリックすると、プロジェクトのフロアが一部表示されていない場合でも、全一覧が表示されます。

梁の基準線は、配置フロアに物理的にリンクされています。(例えば、フロアレベルを再定義するなど)後で配置フロアの位置を修正する場合は、梁の位置が変更されます。

梁の高さを変更して基準線を別のフロアに移動させた場合には、配置フロアを変更して要素の新しい位置に一致させるオプションが用意されています。

高度によって配置フロアを変更する」を参照してください。

詳細は、「配置フロア」を参照してください。

梁の構造

[矩形、断面形状]:いずれかのアイコンをクリックして、矩形の切断面を持つ基本の梁または断面形状の梁を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/Beam_Rectangular.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/Beam_Profile.png

断面形状梁の作成についての詳細は、「断面形状」を参照してください。

標準鉄骨柱/梁の断面形状の使用」も参照してください。

矩形(矩形断面)の梁の場合:

梁の幅の値を入力します。

ポップアップを使用してビルディングマテリアルを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/BasicBeam.png 

[断面形状]梁の場合:ポップアップを使用して断面形状を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ProfileBeamStructure.png 

注記:このポップアップには、「使用」コントロールに梁が含まれる断面形状だけが表示されます。断面形状は、[オプション]→[属性設定]→[断面形状マネージャ]で定義します。

[水平]または[傾斜]:いずれかのアイコンをクリックして、水平の梁または傾斜した梁を作成します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/Beam_Horizontal.png      //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/Beam_Inclined.png

[傾斜角度]:傾斜した梁を選択した場合は、傾斜値を度数単位で入力します。

[断面形状回転]:断面形状を使用している場合、ここで回転角度を入力して断面形状を回転することができます。

梁および柱の断面形状の回転」も参照してください。

[基準線オフセット]:オプションとして、梁の中央から基準線をオフセットする値を入力できます。デフォルトでは、基準線は梁の上面の中央を通っています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/BeamRefAxis.png 

梁の[平面図と断面図]パネル

平面図表示

[表示フロア]:オプションを選択して、梁を表示するフロアを定義します。

[関連フロア全て]:梁が表示され、この梁と交差する全フロアで編集可能です。梁は、梁が存在する全てのフロアの他の要素と正しく結合されます。

[配置フロアのみ]:この梁は配置フロアでのみ表示されます。

その他のオプションでは、梁は全てのフロアまたはその配置フロアと 1 つ上または下のフロアに表示されます。

[平面図表示]:オプションを選択して、平面図における梁の表示を定義します。

[投影線]:要素の3Dモデルの切断面部分とその投影面(下方向)部分を表示します。

[投影線と上部線]:要素の3Dモデルの切断部分(平面図の切断面高度での切断の場合など)を表示し、さらに要素の上部(平面図の切断面の上にある要素部分など)を表示します。

[切断面のみ]:平面図の切断面を使用した切断として、切断面部分だけを表示します。

その他にいくつかの表示オプションが使用可能です。

[輪郭線表示]:投影属性を使用して要素全体の輪郭が表示されます

[上部線表示]:上部属性を使用して要素全体の輪郭が表示されます。

[切断面]ポップアップには、3つのオプションが含まれています(これらを使用できるのは、[平面図表示]オプションが「投影線」オプションのいずれかに設定されている場合だけです)。

[相対範囲]:一連のフロア(配置フロアとその上下の特定数のフロア、およびオプションのオフセット)の要素が表示されます。

このオプションを選択した場合、[平面図の切断面設定]で希望の範囲(すなわち、この要素を表示する上下いずれかの方向のフロアの総数)を設定できます。

[絶対限度]:一定の下部限界(デフォルトではGL)が設定され、これより上にある要素の全ての部分が表示されます。

このオプションを選択した場合、[平面図の切断面設定]に移動して、この要素の絶対限度を設定します。

[要素全体]:関連する全てのフロアに要素が表示されます。

詳細は、「[平面図の切断面設定]ダイアログボックス」を参照してください。

[切断面]:このセクションでは、断面図と平面図の両方で切断面に対して表示される属性を設定します。

矩形の梁の場合:

切断線タイプとペンを定義します。

矩形または断面形状の梁の場合:

必要に応じて、(デフォルトではビルディングマテリアルに定義されている)この要素の塗りつぶし前景/背景ペンを上書きします。このためには、[切断塗りつぶしペン上書き]ポップアップから[前景]、[背景]、または[両方]を選択し、各コントロールにアクセスします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/SlabCutPenOverride00153.png 

[輪郭]:この設定を使用して、平面図の切断面の上(上部)および下(投影面)にある要素輪郭の線種およびペンカラーを定義します。

上部線は、[平面図表示]ポップアップが「投影線と上部線」または「上部線表示」に設定されている場合に表示されます。

投影線は、[平面図表示]ポップアップが「投影線」または「輪郭線表示」に設定されている場合に表示されます。

[シンボル]:このコントロールを使用して、梁のシンボル構成要素の設定を定義します。

[梁の終端線]:このオプションを使用すると、梁の一方または両方の終端線を表示または隠せます(終端線とは、壁の基準線に垂直な輪郭線のことです)。

[基準線表示]:このボックスをチェックすると、2Dウィンドウに梁の中心線が表示されます。

[基準線表示]ボックスをチェックした場合、基準線の[基準線]と[基準線ペン]の色を選択します。

梁の[モデル]パネル

このパネルは、梁の3D表示に影響を与えます。

[材質上書き]:(ビルディングマテリアル内で)この要素に割り当てられている材質を上書きする場合は、5つのポップアップのいずれかまたは全てのトグルボタンをクリックします。5ついずれかまたは全ての表面(左側面、上面、右側面、下面、および両終端)を上書きできます。

材質ペインターで材質を上書きする」も参照してください。

注記:左側は、梁の基準線の最初の点から次の点を見て左にある手によって定義されます。

断面形状梁の場合、材質として押し出し材質と終端材質の2つを使用できます。

注記:カスタム材質は断面形状要素の任意の辺にも適用できます。

カスタム材質または線を断面形状辺に適用する」を参照してください。

鎖アイコンをクリックすると、選択した最後の材質が全ての表面および辺に割り当てられます。鎖アイコンの選択を解除すると、壁の表面や辺ごとに最初に設定した材質に回復されます。

注記:鎖アイコンは全ての材質で上書きを使用する場合に使用できます。

詳細は、「材質」を参照してください。

接合部順位

接合部順位は以下の場合に使用されます。

ビルディングマテリアルの優先度が同じ2つの梁が接触する場合

3つ以上の梁が接合部で接触する場合

接合部順位番号が大きいほうが優先度が高くなります。

3つ以上の梁が接合部で接触する場合は、各梁の相対接合部順位によってどの2つが最初に接合されるかが決まります。

優先度の高い2つの梁の接合後、(接合部順位の低い)追加の梁が接合されます。

[テクスチャ配置を整列]:このメッセージが有効な場合、現在選択されている梁(プロジェクトに既に配置されている梁)にカスタム3Dテクスチャが割り当てられていることを示します。

この場合、[テクスチャをリセット]ボタンも有効になります。クリックすると、選択されている梁のテクスチャの原点が回復されます。

詳細は、「3Dテクスチャの調整」を参照してください。

梁の[穴]パネル

[形状]:いずれかのアイコンをクリックして、矩形または円形の穴の形状を定義します。

[平面図上の輪郭]:いずれかのアイコンをクリックして、穴の平面図シンボル(穴の輪郭を表示するか、穴の軸のみを表示するか)を選択します。

[サイズ]:穴の水平方向または垂直方向の寸法を入力します。円形の穴の場合、直径を入力します。

[位置]:梁の上面から穴の中心までの距離を設定する値を入力します。

詳細は、「梁に穴を作成する」を参照してください。