壁の終端ツールの設定

ツールボックスの全てのツールに共通の一般的な設定については、「ツール設定ダイアログボックス内での作業」を参照してください。

詳細は、「壁の終端」を参照してください。

壁の終端ツールは壁の終端アイテムを壁に配置するために使います。そのために壁の一方の端をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/WallEndTool.png 

[壁の終端の設定]ダイアログボックス左側のブラウザ領域は、他のライブラリ部品要素の領域と同じです。

ライブラリ部品要素の設定」を参照してください。

壁の終端の[プレビュー]パネル

パネルの右側では、プレビュー領域に2Dシンボル、陰線処理正面ビュー、陰線処理平行投影、3Dシェーディング平行投影、定義済みプレビュー画像、または選択した壁の終端のオプション情報の注記が表示されます。

壁の終端の[パラメータ]パネル

[パラメータ]パネルで、壁の終端のサイズ、厚さ、および(適用可能な場合は)塗りつぶしとカラーを調整できます。

[壁の高さに合わせる]チェックボックスはデフォルトでチェックされています。このチェックボックスをオフにした場合、下記の設定を使用して、壁の終端の高さと、壁の土台から終端までの距離の値を入力できます。

[切り取りの奥行き]パラメータでは、平面図のビューで終端によって壁がどの程度切り取られるかが分かります。

壁の終端の[厚さ]パネル

該当する場合には、壁の終端の厚さの設定に便利なプレビューが[厚さ]パネルに表示されます。

タイプに応じて、壁の仕上げの塗りつぶしを自動的に継承するように壁の終端を設定したり、壁の終端の塗りつぶしをカスタマイズしたりできます。

塗りつぶしが周り込む壁の終端オブジェクトの場合、壁の終端と一緒に周り込む壁の塗りつぶしを選択できます。

他のオブジェクトと同様に、このパラメータの多くは、[情報ボックス]で設定するか、壁の終端の編集ホットスポットを使用して設定できます。