ドア/窓の[プレビューと位置]パネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/PreviewPositioning.png 

以下のフィールドを使用して、ドア/窓の値を入力します。

[幅]:開口部の幅をここに入力します。

[高さ]:開口部の高さをここに入力します。

注記:これらの幅/高さの値は窓の公称サイズで、グラフィカルインターフェイスパネルの[公称サイズと公差]パネルでも入力できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ABDimensions.png 

[下端/上端値]:選択した基準点からのドア、窓敷居、またはヘッダーの高さを入力します。

値フィールド上のポップアップから選択し、敷居とヘッダーの基準点を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/SillHeaderAnchor.png 

上端および下端高さ」も参照してください。

[抱きの厚み]:ドア/窓の抱きの深さがある場合は、その値を入力してください。

抱きは、壁面または壁の躯体(躯体が複数ある場合は、最も近い躯体)に固定します。この説明は、複合壁使用時に当てはまります。

抱きの固定」も参照してください。

注記:[プレビューと位置]パネルのこの抱きの値は、ドア/窓の設定の[カスタム設定]パネルの[抱き]タブにある[抱き奥行き]の値と同じです。

プレビュー領域

プレビューオプション」も参照してください。

[反転]ボタンは、フレームの位置を変えずに、選択したドア/窓の開口方向を一方から他方に切り替えます(このボタンは、[情報ボックス]でも使用できます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/Flip1.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/Flip2.png 

[配置基準点]:このコントロールは、新規の窓/ドアの配置に使用する作成法に影響を及ぼします。ドア/窓の配置に使用する図形作成法に、[側面]または[中心]のいずれかを選択します。

壁に開口を配置すると、すぐに図形作成法を切り替えることができます(情報ボックスまたはショートカットで配置基準点コントロールを使用します)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/AnchorPointControl.png 

ドアまたは窓の配置」も参照してください。

[開口面]:このコントロールは、傾斜壁にドア/窓が配置されている場合に関係します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/OpeningPlane.png 

[壁に連動]:ドア/窓の面が壁の面に追従します。

[垂直]:ドア/窓は、配置される壁のタイプに関わりなく、垂直に配置されます。

詳細は、「傾斜壁またはポリゴン壁への窓/ドアの平面の設定」を参照してください。