シェルツールの設定

ツールボックスの全てのツールに共通の一般的な設定については、「ツール設定ダイアログボックス内での作業」を参照してください。

シェルの作成および編集方法については、「シェル」を参照してください。

シェルの[形状と位置]パネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ShellGeoPanel.png 

[配置フロアまで基準線をオフセット]:ここには、配置フロアから測定する以下の初期点の高さの値を入力します。

シェルの押出ベクトル(押出シェル用)

シェルの軸(回転シェル用)

シェルの最初の断面形状(ルールシェル用)。

これらの基準点は、選択した各シェル上でハイライトされたホットスポットとして区別して表示されます。

配置フロア

次の配置フロア設定のいずれかを選択します。

[現在]:シェルの配置フロアが現在のフロアになります。

[配置フロアを選択]:シェルをリンクするフロアを選択します。[フロアを選択]をクリックすると、プロジェクトのフロアが一部表示されていない場合でも、全一覧が表示されます。

シェルの基準点は、配置フロアに物理的にリンクされています。(例えば、フロアレベルを再定義するなど)後で配置フロアの位置を修正する場合は、シェルの位置が変更されます。

シェルの高さを変更して基準点を別のフロアに移動させた場合には、配置フロアを変更してシェルの新しい位置に一致させるオプションが用意されています。

高度によって配置フロアを変更する」を参照してください。

詳細は、「配置フロア」を参照してください。

[基準レベルからの]基準線高さ:基準レベルから測定する形でシェルの開始点の高さを設定します(デフォルトでは、この基準レベルはGLです)。必要に応じて、ポップアップ矢印をクリックして基準レベルを変更します。

注記:基準レベルは、[オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル]で定義します。

注記:基準線高さは、シェル下部の現在の高さを示します。したがって、この値はリンクではなく計算ツールとしてのみ機能します。基準レベルの位置を変更しても、シェルの位置は変更されません。

シェルの構造

これらのアイコンの1つをクリックして、壁を[基本]または[複合構造]として定義し、構造プロパティを反映する属性を選択します。

[基本]シェルの場合:ポップアップを使用してビルディングマテリアルを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ShellBasicBM.png 

[複合構造]シェルの場合:ポップアップを使用して複合構造を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ShellCompositeChoose.png 

注記:このポップアップには、「使用」コントロールにシェルが含まれる複合構造だけが表示されます。複合構造は、[オプション]→[属性設定]→[複合構造]で定義します。

[シェル厚さ]:シェルの厚さを入力します。

シェルが複合構造を使用している場合、このフィールドはグレー表示になり、変更できません。シェルの厚さは、[オプション]→[属性設定]→[複合構造]で定義されている複合構造の厚さになります。

図形作成法

シェルのデフォルト設定で、次の3つのアイコンのいずれかをクリックし、新規シェルの配置に使用する図形作成法を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ShellGeoMethods.png 

押出

回転

ルール

詳細は「シェルについて」を参照してください。

[変形ルール](ルールシェルのみ):2つの断面形状の個々のノードの接続方法に基づいて、[滑らか]または[ペア]のどちらかの方法をクリックして、ルールシェルの形状を定義します。

詳細は、「ルールシェル変形」を参照してください。

[反転]:([選択したシェルの設定]で編集可能)シェルは表面で構成され、シェルボディはその表面の片面に付着しています。[反転を使用して側面を変更]:シェルボディはシェルの表面の反対側に移動します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/Preflip.png        //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/Postflip.png

シェルの[その他設定]パネル(押出設定、回転設定)

押出方法または回転方法のいずれかを使用している場合、このパネルにシェル形状に関連するその他設定が表示されます。

押出設定

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ExtrusionProperties.png 

[開始角]:押出ベクトルの初期点でのシェル面とシェル辺の間の角度。

[歪み角]:シェル面に対するシェルの断面形状の角度。デフォルトは90度ですが、開始角または終了角のどちらかが90度でない場合は、この角度を変更して、シェルの断面形状を角度で押し出して歪んだシェルを作成できます。

[終了角]:押出ベクトルの終点でのシェル面とシェル辺の間の角度。

回転設定

回転シェルの場合:

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/RevolutionProperties.png 

[回転角]:シェルの軸を中心とするシェルの回転の角度。

[歪み角]:シェルの面角度に対する回転シェルの軸の角度。歪み角を変更すると、シェルの断面形状が変わります(グラフィック編集で変更可能な傾斜角度のみを変更した場合は、シェルの断面形状は変わらず、「傾く」だけです)。

[回転に沿って表面を分割]

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/RevolutionProperties00151.png 

デフォルトでは、回転シェルの表面は滑らかです。必要に応じてシェルを辺に分割することもできます。

回転シェルを分節面に分割するには、このボックスを選択します。次に、辺数の値を入力します。

指定した辺数は、次の2通りの方法で既存シェルに適用できます。

[円分割]:円全体を指定した辺数に分割し、その形状を既存シェルの円弧に適用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ByCircle.png 

[円弧分割]:既存の回転シェルの円弧を、指定した辺数に分割します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ByArc.png 

シェルの[平面図と断面図]パネル

平面図表示

[表示フロア]:オプションを選択して、壁を表示するフロアを定義します。

[関連フロア全て]:シェルが表示され、この屋根と交差する各フロアで編集可能です。

[配置フロアのみ]:シェルの輪郭は、その配置フロアのみに表示され、編集が可能です。

[平面図表示]:このポップアップには、要素の表示に関する5つのオプションが含まれています。

[投影線]:要素の3Dモデルの切断面部分とその投影面(下方向)部分を表示します。

[投影線と上部線]:要素の3Dモデルの切断部分(平面図の切断面高度での切断の場合など)を表示し、さらに要素の上部(平面図の切断面の上にある要素部分など)を表示します。

[切断面のみ]:平面図の切断面を使用した切断として、切断面部分だけを表示します

その他にいくつかの表示オプションが使用可能です。

[輪郭線表示]:投影属性を使用して要素全体の輪郭が表示されます。[線種]は、平面図の切断面を基準にしたシェルの位置によって異なります。

完全に切断面の下にあるシェルは、輪郭全体が投影線で表示されます。

完全に切断面の上にあるシェルは、輪郭全体が上部線で表示されます。

一部が切断面の上、一部が切断面の下にあるシェルは、輪郭全体が投影線で表示されます。

[上部線表示]:上部属性を使用して要素全体の輪郭が表示されます

[切断面]:このポップアップには、3つのオプションが含まれています(これらを使用できるのは、[平面図表示]オプションが「投影線」オプションのいずれかに設定されている場合だけです)。

[相対範囲]:一連のフロア(配置フロアとその上下の特定数のフロア、およびオプションのオフセット)の要素が表示されます。

このオプションを選択した場合、[平面図の切断面設定]で希望の範囲(すなわち、この要素を表示する上下いずれかの方向のフロアの総数)を設定できます。

[絶対限度]:一定の下部限界(デフォルトではGL)が設定され、これより上にある要素の全ての部分が表示されます。

このオプションを選択した場合、[平面図の切断面設定]に移動して、この要素の絶対限度を設定します。

詳細は、「[平面図の切断面設定]ダイアログボックス」を参照してください。

[要素全体]:要素の表示部分全てが表示されます。

[切断面]:このセクションでは、断面図と平面図の両方で切断面に対して表示される属性を設定します。

[基本]シェルの場合:切断線タイプとペンを定義します。

[基本]または[複合構造]の場合:必要に応じて、(デフォルトではビルディングマテリアルに定義されている)この要素の塗りつぶし前景/背景ペンの指定を変更します。このためには、[切断塗りつぶしペン上書き]ポップアップから[前景]、[背景]、または[両方]を選択し、各コントロールにアクセスします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/SlabCutPenOverride00152.png 

[輪郭]:この設定を使用して、平面図の切断面の上(上部)および下(投影面)にある要素輪郭の線種およびペンカラーを定義します。

上部線は、[平面図表示]ポップアップが「投影線と上部線」または「上部線表示」に設定されている場合に表示されます。

投影線は、[平面図表示]ポップアップが「投影線」または「輪郭線表示」に設定されている場合に表示されます。

[表面塗りつぶし]:このボックスをチェックすると、ここで選択した塗りつぶしとペンの設定を使用して表面塗りつぶしが表示されます。

ポップアップパレットから塗りつぶし種類を選択します。

注記:ここでは、[オプション]→[属性設定]→[塗りつぶし種類]で開く[塗りつぶしの設定]ダイアログボックスで表面塗りつぶしとして定義されている塗りつぶしだけを使用できます。

[材質の塗りつぶしを使用]:ビルディングマテリアルまたは(上書きがオンの場合)[モデル]パネルで上部材質で定義されているように、このシェルに割り当てられた表面の材質(ベクトル3Dハッチ)に表面塗りつぶしも同様の表現にしたい場合は、このボックスをチェックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/UseFillFromSurfaceShell.png 

表面塗りつぶしパターンとその背景のペンカラーを選択します。

[表面塗りつぶしの向き]:このコントロールでは、塗りつぶしパターンの向きを定義します。

注記:平面図にシェルの表面塗りつぶしが表示されるのは、[平面図表示オプション]で[輪郭線表示]を選択していて、それによりシェルの上面が表示される場合だけです。

注記:以下に示すように[3D投影]オプションをチェックしている場合、表面塗りつぶしの向きのコントロールは灰色になります。

コントロールを選択し、黒の矢印で開いたポップアップから向きの定義を選択します。

[プロジェクト原点にリンク]:塗りつぶしパターンはプロジェクト原点から始まり、塗りつぶしの境界内にあるパターン部分が表示されます。塗りつぶし制御点は表示されません。

[塗りつぶし原点にリンク]:このオプションを選択すると、平面図にシェルを配置したときに、表面塗りつぶしに塗りつぶしの制御点が表示されます。この塗りつぶしの制御点を選択および移動して、塗りつぶしの向きを操作できます(ペットパレットの[サブ要素を移動]コマンドを使用します)。

注記:塗りつぶし制御点が表示されるのは、[表示]→[表示オプション(スクリーン)]→[塗りつぶし制御点]を有効にしている場合だけです。また、(下にある)[3D投影]チェックボックスがオフであることを確認してください。

[変形]:このオプションは、表面塗りつぶしを変形して、平面図で湾曲面の3D表示をシミュレーションします。

各オプションの例については、「塗りつぶし向きの種類」を参照してください。

[3D投影]:このボックスは、表面塗りつぶしを3D投影から作成して表示する場合にチェックします(このオプションをチェックすると、前述の[表面塗りつぶしの向き]オプションは使用できません)。

シェルの[モデル]パネル

このパネルは、シェルの3D表示に影響を与えます。

[材質上書き]:(ビルディングマテリアル内で)この要素に割り当てられている材質を上書きする場合は、3つのポップアップのいずれかまたは全てのトグルボタンをクリックします。シェルは、基準側、反対側、および辺という3つの面を上書きできます。

材質ペインターで材質を上書きする」も参照してください。

複合構造のシェルでは、「基準側」材質は複合構造の設定で最初に表示される複合構造の仕上げです。

注記:基準側表面上書きがベクトルハッチングである場合、この上側の材質をシェルの表面塗りつぶしとしても適用できます(シェルの設定の[平面図と断面図]パネルの[材質の塗りつぶしを使用]ボックスをチェックします)。さらに、表面塗りつぶしにカスタマイズされた塗りつぶし原点がある場合([塗りつぶし原点にリンク]オプションを使用している場合)、3Dモデルにはその塗りつぶし向きも反映されます。

注記:ペットパレットから[辺のカスタム設定]を使用して、カスタムの材質の設定をシェルの1つ以上の辺に適用できます。これを適用すると、シェル設定の[モデル]パネルには、黄色のパッチにより、1つ以上の辺にカスタム材質が使用されていることが示されます。

シェルまたはシェル開口の辺をカスタマイズする」を参照してください。

[切り取りボディ]:このコントロールを使用して、シェルの切り取りボディの形状を定義します。別の要素をこのシェルに合わせて切り取る場合、切り取りボディはこの形状に従って他の要素を切り取ります。

下部

上部

編集可能

注記:作業中にこの切り取りボディを表示するには(3Dウィンドウのみ)、[表示]→[表示オプション(スクリーン)]メニューで[切り取りボディ]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ShellTrimmings.png 

詳細は、「屋根/シェルで要素を切り取る」を参照してください。