オブジェクトの設定ダイアログボックスのパネル

オブジェクトの[プレビューと位置]パネル

オブジェクトの[カスタム設定]パネル

オブジェクトの[平面図と断面図]パネル

オブジェクトモデルパネル(デフォルトでは非表示)

オブジェクトの[プレビューと位置]パネル

以下のフィールドを使用して、オブジェクトの値を入力します。

[配置フロアまで下部オフセット]:配置フロアを基準にオブジェクトの基準高さを定義する値を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/Base_Hieight_Object.png 

[基準レベルからの]下部高度:GLまたはその他のカスタム定義の基準レベルから測定した、オブジェクトの絶対基準高さを定義する値を入力します。

基準レベル」も参照してください。

注記:下部高度は、オブジェクト下部の現在の高さを示します。したがって、この値はリンクではなく計算ツールとしてのみ機能します。基準レベルの位置を変更しても、オブジェクトの位置は変更されません。

[寸法1および2]:オブジェクトの2つの直交サイズ値(長さと幅)を入力します。

鎖アイコンをクリックすると、この値を同じ比率で保てます。

[高さ]:オブジェクトの高さを入力します。

必要な場合は、オブジェクトの回転角度をここに入力します。

ポップアップを使用して、要素を配置するときにこの角度値をどのように解釈するかを定義します。

[相対方向](角度はビューの方向変更に基づいて測定されます)

方向の設定」も参照してください。

または

[絶対座標系](角度はプロジェクト座標の(0,0)ポイントから測定されます)

[ライブラリ部品をミラー]ボックスをチェックすると、選択したライブラリ部品を配置するときにミラーしたり、選択したオブジェクトをミラーできます(このボックスをチェックした後、プレビューを表示してオブジェクトがどのように配置されるかを確認できます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/RotateMirrorObject.png 

プレビューオプション

右側のプレビュー領域には、(左側の)アイコンのどれを選択したかに応じて、オブジェクトが異なった形式で表示されます。オブジェクトに異なったパラメータを設定しているため、このプレビューを注視して編集のエフェクトを確認してください。

プレビュー画像を変えるには、プレビューオプションのいずれかをクリックしてください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/PreviewOptions.png 

プレビュー領域内でカーソルを移動すると、カーソルが回転矢印に変わり、平面図または3Dプレビューをクリックで回転して確認を行えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/WindowPreview1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/WindowPreview2.png

次に、プレビューオプションを上から順に示します。

平面図ビュー

前面

3D設定

定義済みプレビュー画像

注記:事前に定義済みのプレビュー画像を変更するには、GDLオブジェクトエディタの[プレビュー画像]コントロールを使用します。

プレビュー画像」を参照してください。

プレビュー領域内でカーソルを移動すると、カーソルが回転矢印に変わり、平面図または3Dプレビューをクリックして回転できます。

情報

[情報]アイコンをクリックすると、オブジェクトの簡単な説明が表示されます。

ライブラリ部品の詳細(作成者、説明など)を見るには、[情報]ボタンをクリックしてください。BIMコンポーネントポータルに自分のライブラリ部品を共有する場合、処理中にこの情報を入力することができます。

BIMコンポーネントでのオブジェクトの共有」を参照してください。

配置基準点

オブジェクトは、ライブラリ部品の2Dシンボルで定義されているそのホットスポットによって配置されます。1つのホットスポットが、第1ホットスポットとして最初に定義されます。このホットスポットは強調表示された矩形でマークされ、オブジェクトのデフォルトの挿入点および配置基準点として機能します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ChairPlacement1.png 

他のホットスポットはXのホットスポットとして表示されます。デフォルトの主ホットスポットではなく、挿入点/配置基準点として使用したい場合は、そのホットスポットのうちのいずれかをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ChairPlacement2.png 

[配置フロア]:オブジェクトの配置フロアを選択します。デフォルトでは、現在のフロアが配置フロアになりますが、[フロアを選択]をクリックして他のフロアを配置フロアとして選択することもできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/SelectStory.png 

詳細は、「配置フロア」を参照してください。

オブジェクトの[カスタム設定]パネル

使用可能なパラメータは、オブジェクトによって異なります。該当する場合は、ポップアップメニューをクリックして、別のパラメータカテゴリを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ObjectParametersNavigate.png 

修正済みのパラメータのオブジェクト間の転送については、「オブジェクト間のパラメータの移動」を参照してください。

[全てのパラメータ]:一部のオブジェクトには、グラフィックで表示されるカスタム設定の他に、パラメータリストがあります。パラメータリストが必要な場合は、[カスタム設定]パネルのポップアップから選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ChooseAllParameters.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/AllParameters.png 

[最小スペース]パラメータ(デフォルトのARCHICADライブラリの多数のオブジェクトに付属)は、配置済みオブジェクトを取り囲む領域を定義します。この領域では、オブジェクトを自由に操作することができます。[モデル表示オプション]で設定するグローバルオプションによっては、2Dビューで全てのオブジェクトの最小スペースを表示することもできます。

ライブラリ部品のその他の設定」を参照してください。

デフォルト設定に戻す

ライブラリ部品のGDL設定をカスタマイズする場合、情報ボックスから[リセット]コマンドを使用してデフォルトにリセットできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ObjectInfoBoxPopupReset00157.png 

オブジェクトの[平面図と断面図]パネル

このパネル(または情報ボックスにある同等のコントロール)を使用して、以下を実行します。

オブジェクトを表示する平面図を定義します。

オプションで、オブジェクトに対してそのGDLスクリプトで定義した2D表示パラメータを上書きします(以下の「オブジェクト属性の上書き」を参照)。

[表示フロア]:このポップアップを使用して、オブジェクトが表示されるフロアを配置フロアだけにするのか、他のフロアの輪郭でも表示するのかを制御できます(使用可能な場合)。

ARCHICAD要素の中で、上1フロアまたは下1フロアにだけ表示できるのは、オブジェクトとランプのみです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ShowOnStoriesObject.png 

詳細は、「表示フロア」を参照してください。

オブジェクト属性の上書き

通常、前述の[カスタム設定]パネルで2D表示設定を使用して、オブジェクトに対して2D属性(線種、ペン、塗りつぶし)を定義します。

前述の「オブジェクトの[カスタム設定]パネル」を参照してください。

ただし、オブジェクト設定の[平面図と断面図]パネルの設定を使用して、これらの属性を上書きすることもできます。

必要に応じて、切断面ペン、および塗りつぶしの属性を定義します。

これらの設定を有効にするために、該当するオブジェクトの/線種/ペン/属性の上書きチェックボックスがオンであることを確認してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/OverrideAttributesObject.png 

注記:オブジェクトによっては、GDLオブジェクトパラメータが定義されていない場合があります。この場合、オブジェクトは[平面図と断面図]パネルで定義された属性を使用して表示されます(上書きチェックボックスに関係なく)。

オブジェクトモデルパネル(デフォルトでは非表示)

このパネルはデフォルトでは表示されません。必要な場合は、ドア/窓の設定で、[オプション]→[作業環境]→[ツール設定ダイアログボックス]を使用してパネルを表示します。

このパネルは、オブジェクトの1つの材質を定義するのに使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/ObjectModel.png 

[材質]ボタンを有効にして、ポップアップから[材質]を選択します。

[テクスチャ配置を整列]:このメッセージが有効な場合、現在選択されているオブジェクト(プロジェクトに既に配置されているオブジェクト)にカスタム3Dテクスチャが割り当てられていることを示します。

この場合、[テクスチャをリセット]ボタンも有効になります。選択したオブジェクトの元のテクスチャを復元する場合にクリックしてください。

詳細は、「3Dテクスチャの調整」を参照してください。