線種(DXF-DWG変換設定)

これは、[DXF/DWG変換設定]ダイアログボックスのオプションです。

DXF-DWG変換設定」を参照してください。

ファイルを保存するときに、線種変換表を設定するか、またはARCHICADの全ての線種をBYLAYERというAutoCADの単一タイプに変換できます。

シンボル線種は、ARCHICADとAutoCADでは保存方法が異なることに注意してください。このような違いがあるため、ARCHICADのシンボル線種の一部はAutoCADで同じように表示されません。

手法

[全ての要素の線種を”BYLAYER”に設定]:このチェックボックスは、保存時にのみ使用可能です。これは、線種変換辞書の効果を無効にします。

このチェックボックスをオンにすると、保存された全ての図形の線種はBYLAYERになります。AutoCADのユーザーが画層(レイヤー)にアタッチされている線種を変更すると、その画層上の全てのものの線種がこれに従って変化します。

[開くときに既存の線種を維持]:このチェックボックスをオンにすると、ARCHICADは現在定義されている線種を保持し、インポートされたDXF/DWFファイルで定義されている線種もインポートします。この場合、現在開いているARCHICADプロジェクトにある線種と同じ名前の線種がDXF/DWGファイルに含まれる場合、DXF/DWFファイルの線種はインポートされません。

このチェックボックスがチェックされていない時は、DXF/DWGファイルからの線種は全てインポートされ、既存のARCHICADの線種はいずれも保持されません。

[出力フィールドのLTScale値]:LTScaleを希望の値に設定します。

DWGファイルで使用するLTScale変数が、ARCHICADでDWGファイルを開いたり結合する時に正しく解釈されます。新しい線種が、元の線パターンの長さとは無関係に必要に応じて作成されます。

線種変換

この変換辞書は、線種が対象であること以外は、レイヤー変換辞書とまったく同じに処理します。この辞書の使用を制限する唯一のオプションは、[全ての要素の線種を”BYLAYER”に設定]です。

必要な線種名は、リストボックスから選択できます。その線種名は、[ARCHICADの線種]フィールドに表示されます。生成されるDXF/DWG図面で、この[ARCHICADの線種]を変換させたい線種の名前を、[AutoCADの線種]フィールドに入力します。また、逆の場合も同じです。ARCHICADは、DXF/DWGファイルを開く時に、この名前を入力した線種から[ARCHICADの線種]フィールドで指定した線種を作成します。