ペンとカラー(DXF-DWG変換設定)

これは、[DXF/DWG変換設定]ダイアログボックスのオプションです。

DXF-DWG変換設定」を参照してください。

ARCHICADのペンカラーは設定可能ですが、AutoCADのペン番号とカラーの関連付けは修正できません。

最良のカラーの一致を検索するか、変換辞書を設定することで、ARCHICADのペンカラーをAutoCADのカラーに変換できます。

ペンインデックス番号による変換を行うには、「ペンインデックス番号を保持」というデフォルトのトランスレータを使用します(このオプションは、[DXF-DWG変換設定]ダイアログボックスの最上部にあるポップアップトランスレータリストから選択します)。

ペン/カラー変換辞書の項目の作成、編集、削除は、レイヤー名変換辞書の場合と似ています。

ただし、以下の点が異なります。

両側で、ペン/カラーインデックスを処理します。

ARCHICADペンインデックスの編集ボックスの隣には、標準のARCHICADペン選択コントロールが表示されます。

AutoCADのカラーを選択するためのカスタムコントロールがあります(AutoCADのカラーは変更できません)。

BYLAYERおよびBYBLOCKと呼ばれるAutoCADの象徴的な色も選択できます(この色は、編集ボックスおよび辞書項目では0と256で示されます)。

ペン幅のパラメータもあります。このオプションを使用して何かをロードすると、対象となっているARCHICADのペンは標準の0.18mmの代わりに、ここで指定された幅を持つことになります。

背景色ペン

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/IconFill.png 

塗りつぶし背景ペンのカラーパレットに、背景色ペンという新しいオプションが追加されました。というマークの付いたペンカラーを使うと、現在の背景と同じ塗りつぶし背景色(番号-1)が適用されます。

背景ペンを背景色(-1)に設定した場合、背景塗りつぶし(前景は0%)はAutoCADのワイプアウトに変換されます。

パッチオブジェクトの背景塗りつぶしカラーには背景色ペンのカラー(-1)が割り当てられます。その結果、背景色が変わるとパッチも正しく表示されます。パッチをAutoCADに変換すると、背景がフレームなしでAutoCADのワイプアウト(WPOut)に変換されるので、背景は正しい表示になります。

注記:AutoCAD 2004より前のバージョンのAutoCADを使用している場合は、Express Toolsの一部としてワイプアウトを使用できます。ワイプアウトはAutoCAD 2004に統合されています。

ペンの手法

AutoCAD 2004では、ペンのインデックス番号ではなく、RGB(レッド、グリーン、ブルー)値で指定されたペンカラーを作成できます。AutoCAD 2004以降のバージョンでは、この新しいペンカラーのペンのインデックス番号は256以上となります。

ペンのインデックス番号が256以上の全てのAutoCADペンは、ARCHICADではペンのインデックス番号を255に変更します。このことについて、ダイアログでユーザーに注意を促すようになっています。

最適なカラーを検索

DXF/DWGファイルを開くと、ARCHICADのペンテーブルはAutoCADの色に設定されています。DXF/DWGファイルでは、ペン番号はAutoCADのカラーインデックスと同じになります。

ペンが変更されてはいけないその他の開く操作([結合]、[XREFをアタッチ]、[オブジェクトを開く]など)を実行すると、AutoCADの全ての色は、カラー(RGB)構成要素が最も似ているARCHICADペンにマップされます。

いずれかの保存操作を実行すると、ARCHICADの全てのペンは、カラー(RGB)構成要素が最も似ているAutoCADの色にマップされます。

注記:これを再度変換し戻した時は、必ずしも元の色には戻りません。例えば、ARCHICADのペン25が、AutoCADのカラー236を最も近いと検出する場合でも、AutoCADのカラー236が、ARCHICADのペンの25ではなく32を最も近いと検出する可能性があります。グレーがかったパステルゾーンの塗りつぶしカラーは、常に単に明るいグレーになります。

ARCHICADプランがAutoCAD 2004以降の形式で保存される設定になっている時は、ARCHICADとAutoCADのペンを適合させるための2つの方法から選択できます。1番目の方法は、[最適なAutoCAD標準カラーを使用]です。このラジオボタンを選択すると、AutoCADのカラーテーブルを検索して、ARCHICADのペンに最も適したAutoCADのカラーを割り当てます。2番目の方法は、[一致するAutoCAD標準カラーがない場合RGBカラーを使用]です。このラジオボタンを選択すると、もう1つのラジオボタンの場合と同様に、AutoCADのカラーテーブルを検索して、ARCHICADのペンに最適なAutoCADのカラーを見つけます。最適なカラーが見つからなかった場合、ARCHICADのペンのRGB値を保存して、AutoCAD図面のペンのインデックス番号256か、またはそれ以上の番号をこのRGB値に割り当てます。

全ての要素のカラーと太さをBYLAYERに設定

このオプションは、保存操作時に使われます。これは、[ARCHICADのペンをAutoCADのカラーに対応させる方法]の設定を保存する時は無効にし、開く時は有効にします。

このチェックボックスをオンにすると、保存された全ての図形の色はBYLAYERになります。AutoCADのユーザーがレイヤーにアタッチされている色を変更すると、そのレイヤー上の全てのものの色がこれに従って変化します。

ARCHICADのペン太さをエクスポートしない

このチェックボックスをチェックすると、ARCHICADのペンの太さはAutoCAD図面にエクスポートされません。

このチェックボックスをチェックせず、ペンの太さをエクスポートする場合に、ARCHICADのペンの太さがどのようにAutoCADのペンの太さに変換されるかを下の表に示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/ConversionPenTable.png 

ペン/カラー変換

ペンカラー変換辞書で定義されたARCHICADのペンとAutoCADのカラーのペアが、ペンの手法のARCHICADのペンをAutoCADのカラーに変換する方法の設定で設定された自動変換手法に優先します。