開くオプション(DXF-DWG変換設定)

これは、[DXF/DWG変換設定]ダイアログボックスのオプションです。

DXF-DWG変換設定」を参照してください。

オプションは、実行する操作に応じて異なります。プレゼンテーション要素には、次のものが含まれます。

AutoCADブロックの変換方法(作成されるライブラリ部品に3Dデータを含めるかどうかを別のオプションで指定)

寸法の変換方法

AutoCAD図面に含まれている[画像形式を変換]

AutoCAD図面をライブラリ部品として開いた場合の3D変換

ARCHICADに変換される要素をレイヤー別にフィルタ

開く機能のオプションの詳細については、「カスタム機能(DXF-DWG変換設定)」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/OpenOptions.png 

平面図として開く

[AutoCADブロックの変換方法]:次の3つのオプションのいずれかを選択します。

2D要素

グループ化された2D要素

ライブラリ部品

[2D要素]または[グループ化された2D要素]を選択すると、全てのブロックの全ての参照は、単純な平面図の要素に分解されます。

[寸法の変換方法]:

[線とテキスト]:寸法図形から寸法を作成せずに、ファイルに格納されている図面詳細を使用して、AutoCADと同じ外観(矢印、色、文字位置)を取得します。

[単一の寸法単位]:AutoCADファイルの全ての寸法は、ARCHICADの寸法に変換されます。

注記:ARCHICADとAutoCADでは、寸法の見た目の特徴が異なる場合があります。この見た目の特徴の全てが変換中に再現できるわけではありません。最も大きな違いは矢印にあります。ARCHICADには固定の矢印が1セットありますが、AutoCADではユーザー独自のセットをデザインできます。

[寸法列]:AutoCADでは、個々の2点指定寸法しか利用できません(寸法列のように見える寸法セットを作成する方法はあります)。

[連動寸法](使用可能な場合):AutoCADの以前のバージョンの連動寸法は、ARCHICADと連動方法が異なっていました。つまり、他の要素のホットスポットに貼り付けられていました。このチェックボックスをオンにすると、アドオンによって、既にインポートされている要素の中から処理された寸法を連動させる対象が検索されます。これには時間がかかるので、デフォルトでは、要素上にホットスポットを作成し、このホットスポットに長さ寸法を連動させます。

注記1:半径寸法の場合は、常にこの寸法を対応付ける何か円形状のものが必要です。

注記2:AutoCADの最新バージョンでは、特定の要素用の自動調整寸法が含まれていますが、これは変換できません。

注記3:ADTも一種の連動寸法を導入しましたが、これはADTオブジェクトにしか連動させられません。

[埋め込み図面としてビューポートをインポート]:DXF/DWGファイルをARCHICADで開いた後に、Autocadビューポイントを埋め込み図面としてインポートすることが確実な場合は、このチェックボックスをオンにします。このボックスをチェックしない場合は、ビューポートがARCHICADビューに変換されます。

[画像形式を変換]:画像の変換で使用するファイル形式を選択します。画像の元の形式を保持するか、ポップアップから別の画像形式を全ての画像の均一形式として選択します。

ライブラリ部品として開く

[作成されるライブラリ部品内の3Dデータ]:以下のオプションのうちのいずれかを選択します。

[バイナリ3D]:3D情報をバイナリ形式で格納します。

[GDLスクリプト]:3D情報をGDLスクリプトに格納します。

3Dデータを処理する場合は、[バイナリ3D]を選択することをお勧めします。3Dビューを生成するたびにスクリプトを再コンパイルする必要がない場合は、この方が早く処理できます。

注記:[オブジェクトを開く]コマンドは、DXF/DWGファイルに格納されている全ての3Dデータを取得する唯一の方法です。

部分オープンを有効

このボックスをオンにして、トランスレータの一部として保存すると、ARCHICADでオープン/結合/外部参照を行うDWGファイルの要素をレイヤー別にフィルタできます。

この場合、DWG/DXFファイルに対して[ファイル]→[DWG/DXFファイルで開くまたは結合]を使用するとき、またはXREFファイルをアタッチするときに、[DXF/DWGを部分的に開く]ダイアログボックスが表示され、ソースファイルのレイヤー設定とレイヤーのステータスがリストされます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/partial_open.png 

ARCHICADプロジェクトに含めないレイヤーのチェックを外します。

この機能によって、DWG変換を本当に必要な要素のみに限定できるので、変換速度が上がり、変換後のARCHICADプロジェクトのサイズが小さくなります。XREFをアタッチすると、ここでチェックを外したレイヤーは、ARCHICADプロジェクトのレイヤー属性に追加されません。

XREFファイルの属性」も参照してください。

3Dソリッド、リージョンおよびボディーをGDLオブジェクトに変換

このチェックボックスをオンにして、ARCHICADでファイルを開く際、リストの項目をGDLオブジェクトに変換します。