拡散(CineRender材質チャンネル)

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

材質のカラーに不規則性を作成するには、このチャンネルを使用します(カラーチャンネルを明るくまたは暗くすることで機能します)。

ほぼ全ての材質は、ほんの少し変更するだけでより自然に見せることができます。実世界のオブジェクトは、ほとんどの場合、何らかの傷みがあり、使用感や汚れがあります。このような特性を加えると、3D材質はより自然に見え、リアル感が増します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/131-cinerendersurfaces/DiffusionPercent.png 

このような効果を作成するには、テクスチャ(画像またはシェーダ)を拡散チャンネルにロードします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/131-cinerendersurfaces/DiffusionSettings.png 

[明るさ]スライダを使用して、チャンネルのカラーの明るさを調整します。明るさは乗数のように機能します。

発光に影響

拡散マップを発光プロパティに反映させたい場合は、このオプションを有効にします。拡散マップのピクセルが暗いほど、対応する発光領域は暗くなります。これにより、発光に不規則性を付加してより自然に見せることができます。

スペキュラに影響

このオプションを有効にすると、拡散マップがスペキュラプロパティにも適用されます。これにより、拡散マップが暗い場所で材質の鏡面値が小さくなります。このオプションはリアル感を大幅に高めるため、デフォルトで有効になっています。

鏡面反射に影響

より自然に見せるために拡散マップを反射と環境のプロパティに適用する場合は、[鏡面反射に影響]を有効にします。拡散マップのピクセルが暗いほど、対応する反射領域は暗くなります。