レイヤー/フォルダシェーダのその他の効果(CineRender材質)

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/131-cinerendersurfaces/ShaderLayerEffects.png 

効果のリスト(チャンネルの[レイヤー]コントロールからのみ表示可能)により、レイヤーやフォルダにさまざまな効果を与えることができます。

レイヤーを使用したシェーダの結合(CineRender材質)」を参照してください。

これらの効果の多くは、他のCineRenderシェーダに基づいています。例えば、[歪み]効果のパラメータは、[歪み]シェーダにもあります。このような継承されたパラメータの説明については、対応するシェーダの説明を参照してください。

明るさ/コントラスト/ガンマ、色相/彩度/明度/カラーを切る

フィルタシェーダ」を参照してください。

ポスタライズ

ポスタライズシェーダ」を参照してください。

カラー変換機能を使う

カラー変換シェーダ」を参照してください。

カラーを限定

[下を限定]と[上を限定]パラメータは、カラーの値を指定されたポイントまでに限定します。

画像を変換

これらのパラメータを使用して、シェーダやテクスチャを平行または垂直に回転および反転させることができます。シェーダやテクスチャのスケールと位置を変更することもできます。

歪み

[歪み]シェーダを簡略化したもので、特にノイズとの使用に適しています。

[アニメーション速度]パラメータを使用してノイズ効果をアニメートできます。ノイズをアニメートするには、0より大きい値を設定します。値が大きいほど、ノイズは速く変化します。

歪みシェーダ」を参照してください。