プリセット(CineRenderグローバルイルミネーション)

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

プリセットはオプションのグローバルイルミネーション効果であり、CineRenderエンジンの[レンダリングの設定]の詳細ビューで使用できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/132-cinerenderdetailed/GIPresetRev.png 

さまざまなGI方式を組み合わせて使用できるため、このプリセットオプションを使用して、特定のプロジェクトやシーンに使用するGI設定を保存できます。

シーンの設定方法を把握しておくことが重要です。以下のように、主に2種類に分類できます。

インテリア空間は、多くの場合、窓を通過する光や限られた範囲内に光を放射するランプなどの比較的少量の小さい光源に照らされます。したがって、インテリア空間ではGIの計算が困難になります。

エクステリア空間は基本的に遮るオブジェクトのない空の下に設定されます。空は大きい材質から均一に光を放射するため、GIのエクステリアシーンの計算は簡単になります。

最初にこれらのプリセットを使用してから 設定を微調整し、レンダリング品質またはレンダリング時間を最適化してください。

インテリアプリセット一覧

[カスタム]:GI設定を変更すると、このオプションが有効になります。

[インテリア – プレビュー]:照度キャッシュとラジオシティマップを組み合わせて使用します。拡散反射回数が少なくなるため、高速プレビューが可能です。

[インテリア – プレビュー(高拡散反射回数)]:照度キャッシュとライトマップを組み合わせて使用します。

[インテリア – プレビュー(小さい光源)]:照度キャッシュとライトマップを組み合わせて使用します。

[インテリア – 高]:照度キャッシュと照度キャッシュを組み合わせて使用します。

[インテリア – 高(高拡散反射回数)]:照度キャッシュとライトマップを組み合わせて使用します。

[インテリア – 高(小さい光源)]:照度キャッシュとライトマップを組み合わせて使用します。

インテリアプリセットに関する注記

プレビュー:値を減らして計算を高速化できるため、テストレンダリングに最適です。

高:高品質のレンダリング用の設定です。必要に応じて各値を調整し、目的のレンダリング速度/品質を実現してください。

高拡散反射回数:多数の光反射の効果を表し、「サンプル数」を増やすことで非常にリアル感の高い結果が得られます。プロジェクトはより明るくレンダリングされ、暗いコーナーも明るくなります。この効果はライトマップと一緒に作成されます。

小さい光源:照明は、主にGIポータルおよびポリゴン光として定義される小さい光によって作成されます。IRとライトマップを[全ピクセルでサンプル]と組み合わせて使用すると、小さい光の効果を最大限に引き出すことができます。

エクステリアプリセット一覧

[エクステリア – プレビュー]:照度キャッシュとラジオシティマップを組み合わせて使用します。拡散反射回数が少なくなるため、高速プレビューが可能です。

[エクステリア – Physical Sky]:照度キャッシュとQMCを組み合わせて使用します。

[エクステリア – HDRI Sky]:照度キャッシュとQMCを組み合わせて使用します。

エクステリアプリセットに関する注記

プレビュー:値を減らして計算を高速化できるため、テストレンダリングに最適です。

Physical SkyとHDRI Skyの相違点:HDRI Skyでは、[全ピクセルでサンプル]が有効になります。天空オブジェクトに割り当てられるHDR画像は、正確に評価されてレンダリングされるため、HDRI Skyに複数の影が存在する場合でもレンダリング精度が向上します(必要に応じて拡散反射回数の値を増やしてください)。

オブジェクトビジュアリゼーション

オブジェクトビジュアリゼーションは明るく、多くの場合、構成の中心となります。つまり、一般的に光反射をほぼ必要としません。

[プロダクト系 – プレビュー]:照度キャッシュとライトマップを組み合わせて使用します

[プロダクト系 – 高]:照度キャッシュと照度キャッシュを組み合わせて使用します。

物理レンダリングのプログレッシブサンプラー

[プログレッシブ – プレパスなし]:QMCとQMCを組み合わせて使用します。

[プログレッシブ – 拡散回数:高]:QMCとライトマップを組み合わせて使用します。

これらの2つのオプションは、物理レンダリングのプログレッシブサンプラー設定と一緒に使用します。粗い画像を高速でレンダリングして品質を徐々に向上させることで、画像を完全にレンダリングするまでに、少ない待ち時間で全体のレンダリング品質を確認できます。