[ビルディングマテリアル]ダイアログボックス

[オプション]→[属性設定]→[ビルディングマテリアル]ダイアログボックスを使用して、ビルディングマテリアルの定義または編集を行います。次のような追加機能も利用できます。

切断塗りつぶし

切断塗りつぶしペン(前景/背景)

交差の優先度

塗りつぶし向き(複合構造または複雑な要素に使用する場合)

面積

物理的特性([プロパティ]パネルで設定)

使い方の詳細については、「ビルディングマテリアル」を参照してください。

ダイアログボックスの左側に、プロジェクト用に事前定義されたビルディングマテリアルが名前と交差の優先度別にリスト表示されます。

名前または優先度別にリストをソートするには、リストヘッダーをクリックします。

優先度のヘッダーをクリックして優先度別にソートした場合、リスト内でマテリアルを上下に移動することで、交差の優先度を移動した箇所の値に自動的に変更します。

現在のARCHICADビュー内で選択した要素が使用しているビルディングマテリアルは、リストの左側に「選択中」のアイコン付きでリスト表示され、緑色でハイライトされます。

ビルディングマテリアルの編集

1.リストから編集するビルディングマテリアルを選択します。

2.ダイアログボックスの右側のフィールドを使用すると、リストで選択したビルディングマテリアルの特性を編集できます。同時に複数のビルディングマテリアルの選択や編集ができます(この場合、名前は編集できません)。

注記:この機能は属性マネージャーでも使用できます。「ビルディングマテリアル(属性マネージャー)」を参照してください。

構造と表現パネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/BuildingMaterials.png 

[切断塗りつぶし]:ポップアップからビルディングマテリアルの切断塗りつぶしを定義します。ここで選択した塗りつぶしは、[塗りつぶしの設定]ダイアログボックスで[切断塗りつぶし]と定義されたものです(切断塗りつぶしのみ使用可能)。

[切断塗りつぶし前景ペン/塗りつぶし背景ペン]:ペン選択ポップアップから、ビルディングマテリアルの前景ペンと背景ペンを定義します。

モデル要素間の線の削除」も参照してください。

[塗りつぶし向き]:このオプションは複合構造要素と断面形状に適用したビルディングマテリアルの切断塗りつぶしパターンの表示にのみ有効です。

[プロジェクト原点]:塗りつぶしパターンが、プロジェクト原点を原点とするように表示されます。

[要素原点]:塗りつぶしパターンが、要素の方向と一致するように表示されます。

[層に合わせる]:(シンボル塗りつぶし用にのみ使用可能) パターンは[複合構造仕上げ塗りつぶし厚さ]の境界内に収まるよう描画されます。

詳細は、「ベクトル塗りつぶしまたはシンボル塗りつぶしのパターンの向きの設定」を参照してください。

ビルディングマテリアル材質の定義

ビルディングマテリアルの3D表示用の材質を定義します。

注記:設定ダイアログボックス(モデルパネル)、または要素の情報ボックスの材質ポップアップを使用して、特定の要素の材質を上書きすることができます。

交差の優先度の変更

ビルディングマテリアルの交差の優先度を変更するには2種類の方法があります。

右側のスライダを使用して、他の組み立て要素との交差部に関するビルディングマテリアルの相対優先度を調整します(交差の優先度は弱(最小0)から強(最大999)までの数値で表現され、設定できます)。これにより、モデルビューでの要素の交差部と表示が変化します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/IntersectionPriorityAdjust.png 

交差の基本原理」および「優先度が同じ要素の交差」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/IntersectionPriority2.png 

優先度を調整する、もう1つの方法は、[ビルディングマテリアル]ダイアログボックスの左側にあります。優先度のヘッダーをクリックしてリストを優先度別にソートした場合、リスト内でマテリアルを上下に移動することで、交差の優先度を移動した箇所の値に自動的に変更します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/IntersectionPriorityAdjustDrag.png 

ビルディングマテリアルの定義はグローバルであるため、ここでの変更は、選択した要素だけでなく、そのビルディングマテリアルを使用する全てのプロジェクト要素に影響を与えます。

プロジェクトの1つの要素のみ、優先度を調整する場合は、異なる優先度をもつビルディングマテリアルの複製を作成することができます。
下の「ビルディングマテリアルの新規作成または複製」を参照してください。

モデルの交差部についての一般的な情報は、「要素の交差」のトピックを参照してください。

プロパティ

[ID]:ビルディングマテリアルに任意のIDを割り当てます。任意の文字を使用でき、文字数に制限はありません。

ID フィールドは、リストやラベルでビルディングマテリアルを識別するために使用されます。また、ビルディングマテリアルIDを検索基準として使用して、要素を検索および選択することもできます。

[製造業者]:オプションで、このビルディングマテリアルの製造業者を入力します。製造業者を連動一覧表のフィールドとして追加でき、例えば、全てのビルディングマテリアルを製造業者別にリストすることができます。

[説明]:オプションで、このビルディングマテリアルの説明を入力します。説明を連動一覧表のフィールドとして追加できます。

[干渉検出に参加]:このデータは、IFC形式への要素のエクスポートおよびARCHICADの干渉検出機能で使用されます。

干渉検出」を参照してください。

物理的特性

ARCHICADのビルディングマテリアルでは、これらのデータは事前定義されていますが、直接編集することができます。

組み込みの材質カタログ([カタログを開く]ボタンをクリック)にアクセスすることもできます。必要な特性をもつ材質の名前をクリックします。それにより、編集中のビルディングマテリアルに物理的特性が適用されます。

詳細は、「材質カタログ」を参照してください。

選択したビルディングマテリアルに関して、次のデータを入力します。

熱伝導率(W/mK)

密度

注記:密度プロパティの単位は、[プロジェクト設定]→[計算単位/規則]で設定されている体積の計算単位がインペリアル単位の場合はlb/ft3、メートル単位の場合がkg/m3です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/VolumeUnit.png 

比熱(J/kgK)

内包エネルギー(MJ/kg)

内包炭素

注記:内包炭素プロパティの単位は、[プロジェクト設定]→[計算単位/規則]で設定されている体積の計算単位がインペリアル単位の場合はlbCO2/lb、メートル単位の場合はkgCO2/kg です。

ビルディングマテリアルの新規作成または複製

[ビルディングマテリアル]ダイアログボックスの下部にある[新規作成]ボタンをクリックします。

表示されたダイアログボックスで、まったく新規のビルディングマテリアルを作成するのか、現在のものを複製するのかを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/AddBuildingMaterial.png 

新規ビルディングマテリアルに名前を付け、それから[OK]をクリックします。

新規ビルディングマテリアルの設定を調整し、それから[OK]をクリックして[ビルディングマテリアル]ダイアログボックスを閉じます。

ビルディングマテリアルの削除

モデルの属性の削除と置換」を参照してください。