図面マネージャ

詳細は、「配置された図面の管理と更新」を参照してください。

以下のいずれかの方法で、図面マネージャを開きます。

[ファイル]→[外部参照]→[図面マネージャ]を選択します。

ナビゲータ/オーガナイザの左上のポップアップメニューから、[図面マネージャ]アイコンをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/ShowDrawingMgr.png 

[ウィンドウ]→[パレット]→[図面マネージャ]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/DrawingMgr.png 

左上隅に4つのコマンド(アイコン)があります。このコマンドは、図面マネージャの図面リストで1つ以上の図面が選択されている場合にのみ有効です。

図面をリンク

選択した図面が外部ソースまたは内部ビューのどちらかにリンクします。

図面のリンクを解除

クリックすると、選択した図面のリンクが解除されます。警告ウィンドウで、現在のリンクを解除するかどうかを尋ねられます。

図面を更新

クリックすると図面が更新されます(このコマンドアイコンは、ナビゲータレイアウトブックで使用できます)。

図面を削除

クリックすると、警告メッセージを確認した後、選択した図面が削除されます。

注記:図面の削除は、削除したときに図面が表示されているウィンドウが有効である場合にのみ取り消せます。

ステータスを確認

クリックすると、選択した図面の更新状態が「要確認」となっている場合に更新を確認します。

図面マネージャのメイン部分に、プロジェクト内(レイアウトブックとモデル表示の両方)の全ての図面がその特性と共にリストされます。

図面のリスト

デフォルトでは、各図面について、タイプ、ID、名前、ステータス、レイアウト(配置先)、ソースビュー、および保存先が表示されます。このプロパティの列ヘッダーをクリックして、項目をソートできます。この後、2番目のソート機能を実行できます。2番目の列ヘッダーをクリックすると、最初のソートで得られた階層内でソートが行われます。リストの列をカスタマイズするには、列の見出しを右クリックして、使用可能な列のリストを表示するか、リストの列の右端にある黒の矢印をクリックします。必要に応じて、これらのオンとオフを切り替えます。柱の幅は画面上で変更できます。

各列に図面の特性がリストされます。

[タイプ]:タイプ列のアイコンは、図面のソースタイプ(平面図ビューまたはPDFファイル)を示します。

[ID]:図面IDを示します。

[名前]:図面名を示します。

[ステータス]:選択した図面の以下のいずれかの更新状態を示します。

[OK]:図面が更新されています。

[修正済み]:ソースが修正されています。[更新]ボタンをクリックして、図面を更新します。

[欠落]:リンクされている図面のソースが見つかりません。

[アクセス不可能]:ソースファイルは、古いチームワークファイル(ARCHICADバージョン 13より前のチームワークファイル形式)、またはBIMcloud/BIM Serverに配置されているARCHICAD 13以降のチームワークプロジェクトのいずれかです。ARCHICADのデモ版またはチームワーク以外の保護キーのいずれかを使用しているか、このソースへのチームワークアクセス権利がない場合は、このソースへのアクセス権はありません。

[更新対象]:更新対象の図面セットに含まれる図面の一時ステータス。更新プロセスは、この図面をまだ更新していません。

[更新中]:現在更新されている図面の一時ステータス。

[埋め込み]:図面がリンクを持たず、更新できません(中断されたリンクを持っていた場合、以前のソースビューが情報として表示されます)。

[要確認]:ARCHICADの自動確認機能は、図面の更新が必要か確認できません。このステータスが表示されたら、以下のいずれかを実行します。

[ステータスを確認]ボタンをクリックして、図面が[OK]であるか、[修正済み]であるかどうかを確認します。手動更新に設定された図面の場合、更新するか決定してください(自動更新に設定された図面の場合、レイアウトまたはウィンドウを有効にした時にすぐに更新されます)。

[更新]ボタンをクリックして、更新済みのステータスにします。

[配置先]:図面を配置するレイアウトまたはモデルビューの名前を表示します。

[ソースビュー]:ナビゲータプロジェクト一覧に表示される、ナビゲータの階層構造内でのソースビューの位置を示します。図面ソースがARCHICADビューでない場合、ソースファイル名と、(複数ページのPDFドキュメントソースの場合は)図面の作成元となるページ番号が表示されます。

注記:図面ソースがDWGペーパースペースの場合、このフィールドはビューポート番号も表示します。

[保存先]:図面のソースビュー(インターナルまたはそのファイル保存先)の場所を示します。

列の上端をクリックすると、図面が特性別にソートされます。ソート優先順位は、列の上端の矢印で示されています。

[ソースビューを開く]:このボタンをクリックすると、選択した図面のソースビューが開きます(このボタンは、図面に外部ソースがある場合はグレーで表示されます)。

[設定]:このボタンをクリックすると、選択した図面の設定ダイアログボックスが開きます。

注記:特定の図面パラメータを複数の図面に同時に割り当てるには(例えば、レイアウトブックの全ての図面に均一のペンセットを割り当てるなど)、図面マネージャの図面の一部、または全部を選択して[設定]をクリックします。[図面の設定]ダイアログボックスで変更した全ての設定が、選択した全ての図面に適用されます(その他の図面の設定は、個々の図面で現状のまま変わりません)。